読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1294439
0
自己肯定感が一瞬で上がる63の方法 あの人はなぜメンタルが強いのか
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第4章 他者否定は、スルーできる。

『自己肯定感が一瞬で上がる63の方法 あの人はなぜメンタルが強いのか』
[著]中谷彰宏 [発行]PHP研究所


読了目安時間:20分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


「私は他者承認をひとつも求めていません。ただ、他者否定をされたくないだけなんです」と言う人がいます。


 これは他者承認と同じです。


 他者否定をされても涙ぐむ必要はありません。

「他者否定をされたくない」というのは、「どうしたら嫌われないか」と立ちまわることです。


 実際は、嫌われないようにしている人が「なんかあの人ね……」と、一番嫌われるのです。


 早く帰ると嫌われるからと、三次会の最後のカラオケまでつきあった人でも、「あの人、なかなか帰らないよね」「ホームパーティーでも最後までいるよね。なんで家族とあの人だけ残ってるんだろう。帰れとも言えないし」と言われたりします。



 他者否定を恐れないことです。


 他者否定をされても、どうということはないのです。


 他者否定をする人は、影響力を持っていません。


 それよりは、自分の信じる人に認めてもらうことです。


 信じる人は、頑張っていることがわかるから否定しません。


 他者否定は、下から上にしか起こりません。


 下から言われることを気にする必要はないのです。



自己肯定感が一瞬で上がる40

他者否定を恐れない。



 情報化社会は、同意を求める社会です。

「いいね!」は、同意です。

「これってすてきじゃない?」と、同意を求めるのです。


 大阪では、「これ()うてん。何ぼや思う?」と買った服を見せると、相手は「見た見た。あんた、安い方、買うたん。やっぱりチンケやわあ」と、ズバッと言ってくれます。


 それで仲よしでいられるのです。


 ネットの中でこれを言うと、炎上です。


 ネットでは、違う意見を自分の否定に感じるのです。


 違う意見は、否定ではありません。


 単に意見が違うだけです。


 社内の会議では、上司と同じ意見を言うことを求められます。

「私はちょっと違った見方をしています」と言うと、「オレを否定するのか」と、ムッとされます。

「それはない」とは言っていません。

「こんな見方もできますよ」「こんなアイデアもありますよ」と、違うアングルから意見を言っているだけです。



 自己肯定感の低い人は、違う意見を言われた時に、自分を否定されたと感じます。

「同意しないということは、否定だろう」と言うのです。

「同意」と「否定」の1軸しかないのです。


 自己肯定感の高い人は、こういう手もありますよ、ああいう手もありますよという形で、360度、千手観音の手が出ています。


 アイデアを足して、広げて、乗っかっているのに、自己肯定感の低い人はそれを否定ととらえてしまうのです。



自己肯定感が一瞬で上がる41

「反論」イコール「アイデア協力」と、考えよう。


「上司が命令ばかりするんです」とこぼす人がいます。


 上司は「これをもっとこうしたらよくなる」という提案をしているのです。


 それを「私が書いた企画書に難クセつけて、直せと命令してくる」と言うのです。この人は「命令」と「提案」の区別がついていません。


 たとえば、レストランで、お店の人に「今日の料理いかがでしたか」と聞かれました。


 ここで「ちょっとポーションが大きいので、ハーフサイズがあるといいな」と言うのは、明らかにクレームではありません。


 ところが、これをクレームととらえる人がいるのです。



 ある業界の講演で、「現状はこうなっている。ポテンシャルとして、もっとこうすれば、この業界は伸びる。この部分は大昔にとどまっていて今の時代にはそぐわないから、改善した方がいい。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:8170文字/本文:9645文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次