読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1294548
0
異常に! 当たる 顔相学(KKロングセラーズ)
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第2章 顔から「運」を知ることができる

『異常に! 当たる 顔相学(KKロングセラーズ)』
[著]岡井浄幸 [発行]PHP研究所


読了目安時間:18分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


観相学による運の読み方



 嘉祥流観相学の基本は、人を観たときの「視感」を大事にすることです。誰でも人の顔というものは、他人に「視感」を与えます。わかりやすくいうと、これが第一印象と言ってもよいでしょう。



 この第一印象には、二つの種類がありまして、「明」と「暗」に分かれます。



 つまり、人の顔を見る時は、第一印象で、明るい印象を受けるか、暗い印象を受けるか、そのどちらであるかをしっかり見定めることがまず大事になってきます。


 人が与える印象は、必ず、そのどちらか二つに一つであり、観相をみることは、まずこの明暗をしっかり感じ取ることから始まるのです。



 次に、この第一印象をベースにして、顔の各部を細かく見ていきます。


 顔を構成している各々の部分は、さまざまな運をあらわしています。



 たとえば、眉や目など、それぞれの形によって、性格、金財運、愛情運、仕事運、健康運、人気運の五つの運(五運)を見ていくのです。



 また、観相学では、顔を十二のゾーン(十二宮)と五官(額と眉、目、鼻、口、耳)の五つのパーツに分けて見ていくこととします。



 美人、不美人と言っても、人の造作は三ミリとは違いません。それぞれの部分の微妙な違いだけで、人の顔の印象は随分変わってくるものです。なかでも、眉は顔の印象を大きく変えるパーツであり、眉を変えるだけで運命も変えられます。



 そのように各パーツをみることによって、個々の特徴から、その人の運を割り出すことができ、どんな運を持っているかどうかを判断する材料ともなるのです。



 人の顔には、いい運だけの相とか、悪い運だけの相といった極端な例は、まずありません。必ず、いい面と悪い面の両方を兼ね備えているものです。



 実際に人の顔を見てみると、ある部分には愛情運があらわれていても、べつの部分はそれを打ち消しているといったケースも多々あります。


 ただ、そのどちらが強いか弱いかは、必ず、顔にあらわれているものです。



 そして、もしいい運を持つパーツがあれば、それを強調し、悪い相は逆になるべく隠すようにするだけでも、必ず運は好転していくものなのです。



 嘉祥流観相学は、できるだけ肯定的にその人の良い運を強調するように観ていくことに価値があります。否定的な側面ばかりを強調していたのでは、気持ちは落ち込むばかりで、運はどんどん逃げていってしまいます。


右顔(知性派)と左顔(感性派)の違いを知っていますか?



 人の顔は、顔の真ん中から右側と左側がシンメトリック(同一)の相であることはめったにありません。


 また、眉の形や目の形、口や鼻も左右がまったく同一ということは、ほとんどありません。



 顔の右側を知性、左顔を感性として、性格のバランスを見ることができます。



 ただし、知性は左の前頭葉からエネルギーを吸収し、右顔を管轄します。反対に、右の前頭葉からエネルギーを吸収したものは、左顔を管轄します。



 こうして、左右から入った「気」のエネルギーを脳が顔に描き上げ、一つの顔として合体するのです。


 このとき、左右、つまり感性と知性のどちらに多くのエネルギーを吸収したかによって、顔立ちが決まってきます。


 次の図にあらわしたように、右眉と左眉の濃さと太さ、右目と左目の大きさと強さ、鼻の左右の肉付き、口の左右の口角の上がり方、右耳と左耳の大きさと形をよく見てみましょう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:7178文字/本文:8559文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次