読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1294675
0
格差と分断のアメリカ(東京堂出版)
2
0
0
0
0
0
0
人文・科学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1.社会主義者の台頭?

『格差と分断のアメリカ(東京堂出版)』
[著]西山隆行 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 冷戦期、アメリカは社会主義、共産主義と対峙する資本主義圏の盟主としての地位を確立していた。現在、そのアメリカで社会主義という言葉に注目が集まっている。


 ドナルド・トランプ大統領は、2019年2月に行った一般教書演説で、アメリカを社会主義の国にしてはならない、そして、アメリカは決して社会主義の国になることはない、と強調した。冷戦期の国際情勢や社会主義国の状況を知る者からすれば、何を当然のことを言っているのだろうという気がしなくもない。


 だが今日のアメリカでは、社会主義という言葉に対する捉え方が以前とは大きく変化している。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1865文字/本文:2152文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次