読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1295360
0
仕事が速い人は、「これ」しかやらない ラクして速く成果を出す「7つの原則」
2
0
9
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
01 あらゆることに「期限」を決めろ

『仕事が速い人は、「これ」しかやらない ラクして速く成果を出す「7つの原則」』
[著]石川和男 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
9
| |
文字サイズ

仕事が速い人は「終わらせる力」を利用している


仕事が速い人の第1原則は、「とにかく期限を決める」こと。

期限が迫ったときに生まれる、ものすごい行動力をうまく利用するのです。


「はじめに」で、「仕事の力の入れどころ」の大切さについて述べました。それを正確に()(あく)して仕事を早く終わらせるには、次の3つの能力が必要になります。


1.自分が注力すべき仕事を、最速で処理する能力

2.人(や物)に任せるべき仕事を、うまく任せる能力

3.自分が注力すべき仕事とそうでない仕事を、適切に見分ける能力



 本章では、これらの能力からとくに重要なものを仕事が速い人の「7つの原則としてご紹介していきます。


 まずは、「自分が注力すべき仕事を、最速で処理する能力」から見ていきましょう。



 最初の原則は、「とにかく期限を決める」こと。

30分後にはじまる会議の発表資料がまだできていない……」

「1時間後にお客様へプレゼンする資料が未完成のままだ……」


 誰でも一度や二度は、このような経験がありますよね。



 思い出してみてください。そのときの自分の仕事の「スピード」を!

 期限が迫ってきた途端に猛烈な行動力を発揮していませんでしたか?


 そう、期限を決めることは「行動力」を生み出す最速最強の方法なのです。


 以前、こんなクイズを知人から出されました。


どんなに仕事が忙しくても絶対に残業しない人には、どんな人が多いと思う?


 皆さんは答えがわかるでしょうか?


 要領のいい人? 頭のいい人? いいえ、違います。


 答えを聞いた私は思わず膝を打ちました。



 その答えは「保育園に子どもを預けているお母さん!


 言われてみれば、子どもを保育園に預けていた時期、週の半分は私が迎えに行っていました。そのときは、日中どれだけ忙しくても時間通りに子どもを迎えに行っていました。あらゆる手を使って「期限」に間に合うよう会社を出ていたのです。

 したがって、仕事の速度を上げたければ「とにかく期限を決める」習慣をつけましょう。


仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで(ぼう)(ちよう)する



 これは、1958年にイギリスの歴史学者および政治学者であるシリル・ノースコート・パーキンソンが提唱した「パーキンソン第一の法則」です。


 たとえば、会議の時間を1時間与えられると、30分で結論が出る議題でも雑談をはさんで1時間かけようとする。上司が毎晩8時まで残業していると、部下は定時までに終わる仕事でも、ダラダラと進めて8時まで時間をかける。

 このように「人は与えられた時間をすべて使おうとする」という法則です。



 しかし、これは逆に言えば「人は期限を決めれば、それに合わせて仕事を進める」ということでもあります。締め切りを意識せずにはいられないこの性質を、逆に利用するのです。


 私は、スマホのバイブレーション機能を使って、各仕事に「期限」を作っています。さらに、使用中のスマホだとついラインやSNSを見てしまうので、以前に使っていたスマホをこのためだけに使っています。


 しかし、バイブレーションが鳴ることはめったにありません。なぜならいつも設定時間より前に仕事を終わらせてしまうからです。そのくらい期限を決める力は大きいのです。


Point!

とにかく「期限」を決めれば、
それまでに終わらせる力が生まれる。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
9
残り:0文字/本文:1444文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次