読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1296082
0
ジョッキーズ 歴史をつくった名騎手たち
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2頭の芦毛の名馬と三冠馬でファンの心を掴む 南井克巳

『ジョッキーズ 歴史をつくった名騎手たち』
[著]島田明宏 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 オグリキャップに騎乗し、ゴール寸前で劇的な逆転勝利をもぎ取った1989(平成元)年のマイルチャンピオンシップ。それからしばらく経ったある日、新聞記者に「感動しました」と言われると、「そうか」と答え、目を潤ませたという。そうしたエピソードのほか、「直線で馬群を割るとき『オンドリャー!』と叫んでいたらしい」といった噂も聞こえてきた、情に厚いファイター。それが南井克巳である。


 南井は1953(昭和28)年1月17日、京都に生まれた。愛知県刈谷市の中学を卒業後、馬事公苑の長期騎手課程に入苑。1971(昭和46)年、工藤嘉見厩舎の所属騎手としてデビューする。その後一時期フリーとなり、1978年から1994年1月までは宇田明彦厩舎、宇田の死後、同年4月までは星川薫厩舎所属となり、再びフリーに。世代的には、岡部幸雄、柴田政人、福永洋一ら「馬事公苑花の15期生」より2期下で、短期騎手課程からデビューした河内洋より2歳上である。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1850文字/本文:2262文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次