読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1296138
0
他人が必ず、あなたに従う 黒すぎる心理術(文庫版)
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
16 職場の人間関係を円滑にする

『他人が必ず、あなたに従う 黒すぎる心理術(文庫版)』
[著]ロミオ・ロドリゲス・Jr. [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 職場は人間関係の渦といっていいほど、「好き」か「嫌い」か、「気に入る」か「気に入らない」か、といった感情が生じるものです。毎日顔を合わせる場所で一度そういった感情を持ってしまうと、大きなストレスを抱えるようになるものです。


 上司から嫌われている、同僚から距離を置かれている、部下から(うと)んじられている……そんな負の感情のスパイラルにハマると仕事自体が面白くないですし、もうその職場から離れたくて仕方がなくなってきます。


 そんなあなたには「ホーソン効果」がお勧めです。


 ホーソンという名前は、アメリカのシカゴ郊外にあるウェスタン・エレクトリック社のホーソン工場で行われた実験から付けられたもので、従業員を褒めることにより、その生産性が向上するかどうかを研究したものです。どこにでも特別扱いをされると調子に乗る人間はいるものです。


 特別扱いをされると自己顕示欲が満たされることは、あなたにも経験があるはず。


 特に、調子に乗りやすい人は、普段から他人に認められていないと感じていることが多く、特別扱いされるだけで気分が非常に上がります。能力が一般以下の人でも、うまくおだてれば、能力以上の力を発揮することも多々あります。


 もし、あなたが職場の人間関係でうまくいっていないと感じるなら、このホーソン効果を試してみてください。やり方は簡単、とにかく職場で会う人のちょっとしたことを、少し大げさに褒めてください。ここで少し“大げさに”といったのには理由があります。あまり大げさにするとしらじらしくなり、人によってはバカにしているのかと勘ぐる人も出てきますので、本当に感心したように褒めてください。


 あなたが褒める人間になると、あなたに会う人は少しずつあなたと接するのが楽しみになってきます。なぜなら、自分の自己顕示欲が満たされるからです。あなたと話すだけで楽しくなり、あなたから嫌われたくないと思うようになります。


 実はこれ、ヤクザの世界でも、組長が手下を手なずけるために必ず使う手法です。ただし、このやり方は相手が職場になじむ前、つまりニューフェイスの場合には通用しますが、自分がすでに嫌われている場合は、まずはなぜ嫌われているのかを自己分析して、その根本を改善するのが先です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:938文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次