読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1296542
0
英語がニガテで高校時代に「E判定」だったボクが超有名大学へ進学しカリスマ英語講師になってTOEIC(R) L&Rテストで満点を89回もとった 超効率! 英語勉強法
2
0
0
0
0
0
0
語学・資格
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
22 何度も「公式問題集」を解くのはムダ

『英語がニガテで高校時代に「E判定」だったボクが超有名大学へ進学しカリスマ英語講師になってTOEIC(R) L&Rテストで満点を89回もとった 超効率! 英語勉強法』
[著]森田鉄也 [発行]すばる舎


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 TOEICの勉強法を調べていると、必ずと言っていいほど目にするのが『公式問題集』で、「何回も解こう」というアドバイスがよく見られます。


 しかし、ボクはこの勉強法には反対です。


 理由は2つあります。


①何度も解くのは時間のムダだから


 1つ目は、時間がムダになりがちということです。


 1回ぶんの模試を解くのに2時間は必要ですから、それを何回も……というのは現実的ではありません。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:328文字/本文:515文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次