読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1296632
0
[図解]宮本武蔵と「五輪書」 仕事に使える絶対不敗の法則
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
04 武蔵の戦い──その2【勝負の駆け引きの極意】

『[図解]宮本武蔵と「五輪書」 仕事に使える絶対不敗の法則』
[著]武田鏡村 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

吉岡一門に対する謀攻と心理戦を分析する


◆一対一の闘いに勝つ原則



 関ヶ原の合戦後、仕官の道を求めることのなかった武蔵は、京都で剣法の名門として名高い吉岡一門に闘いを挑む。吉岡家は足利将軍家の剣法指南役として名門視されていた。


 武蔵の挑戦を受けたのは、吉岡家の棟梁となる清十郎である。吉岡流は、(いち)の太刀といって最初に切り込むことを重視する。これは()の太刀などは考えない必殺の技である。


 道具は武蔵が木刀で、清十郎は真剣である。試合の約束は真剣であったのであろうが、木刀を構えた武蔵に、思わず清十郎はなめられたと逆上したものであろうか。さらに武蔵は、約束の時間をかなり遅れてきたというから、清十郎は苛立っていたのであろう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2133文字/本文:2448文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次