読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1296647
0
[図解]宮本武蔵と「五輪書」 仕事に使える絶対不敗の法則
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
16 難関を避けずに積極的に進め

『[図解]宮本武蔵と「五輪書」 仕事に使える絶対不敗の法則』
[著]武田鏡村 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

巌流島、佐々木小次郎との闘い


◆小倉から姿を消した武蔵の真意


『五輪書』の「火の巻」は、勝負のさまざまな駆け引きを説いている。内容は、いずれも大軍を動かす「大の兵法」と、一対一の「小の兵法」に同時に通じるものである。


 そのため、ここでは武蔵の最大の闘いとなる巌流島での佐々木小次郎との対決を考えながら、勝負の駆け引きの極意を引き出してみよう。


 巌流島(舟島)で対決することが決まったとき、小次郎は小倉藩主の細川(ただ)(おき)の船で、武蔵はその家老の長岡(おき)(なが)の船で舟島に渡る手はずになっていた。


 ところが武蔵は前日、長岡興長の屋敷から忽然と姿を消したのである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1936文字/本文:2224文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次