読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1296871
0
「話す」は1割、「聞く」は9割(大和出版) どんな人とでも会話が途切れない究極の方法
2
0
5
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに ムリせずに会話が続く、たった1つの方法

『「話す」は1割、「聞く」は9割(大和出版) どんな人とでも会話が途切れない究極の方法』
[著]丘村奈央子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
5
| |
文字サイズ

「初対面で相手との共通点が見つからず、会話が弾まない」

「沈黙にならないように、自分にプレッシャーをかけて疲れてしまう」

「大勢でいるときに、話の輪に入れない」

「話が続かない、すぐに途切れてしまう」



 あなたは、このような悩みを抱えていませんか?


 会話では「いかにうまく話すか、面白い話で場を盛り上げるか」という点が注目されがちです。確かにこれは、会話をスムーズに進めるためには必要な要素であり、実際にそれができる人は「社交的で会話が上手な人」と評価されるでしょう。


 一方で、うまくできない人は、自分はコミュニケーション能力が低いのではと落ち込み、自信をなくすことも多いと思います。


 もしあなたが「話す」側になろうとした場合、必然的に会話中に考えなくてはいけない内容が増えますよね。例えば「話題を探す」「話題を面白く切り出す」「相手の反応を見る」「反応によって話題を変える」などの作業があります。


 これを瞬時に行うのは、とてもハードルが高いのではないでしょうか。



 会話には必ず「話す人」と同時に「聞く人」が存在します。


 流暢に話すのは自分にとって難しい。でも、相手の反応や沈黙を気にせずに、もっと自然に会話を楽しみたい。


 そんな思いを抱いている人がムリなく実践できるように編み出したのが、本書で紹介する「聞く」に特化した会話術です。



 私はフリーライターとして、これまで企業の経営者、人事担当者、大学教授や研究者、社員や商品ユーザーなど、さまざまな属性や考え方を持つ人たちの話をお聞きしてきました。今でこそ「聞く」を仕事にしている私ですが、昔は空気を読むことが不得意で、会話に大きな苦手意識を持っていました。それを克服すべく数々の会話本を読みましたが、私には使いこなすことができませんでした。


 なぜなら、「たくさんうなずく」「真正面に座らない」「オウム返しをする」というようなテクニックは、それを使うタイミングや言い回しを会話のたびに考えなければならず、余計に態度が不自然になるように感じられたからです。



 だからこそ、本書では次のような会話で常識とされている方法は使いません。


●相手との「共通点」から話題を見つける

●「うなずき」「目くばせ」など、非言語コミュニケーションを多用する

●「私もそう思ってた」「その気持ち、分かる」など、ひたすら相手に意見を合わせる

●表情や態度から相手の気持ちを読み取る

●「オープン・クエスチョン」と「クローズド・クエスチョン」を使い分ける

●「相づち」や「オウム返し」をしてずっと傾聴し続ける



 本書で紹介するメソッドは相手の観察や分析を必要としません。シンプルに「相手の話す内容」のみに集中するだけです



 たくさん話を考えて、頑張って切り出す必要がありません。タイトルの通り、「話す」は1割、「聞く」は9割。つまり「自分にムリをさせず会話が楽しめるようになる」のが最大のメリットです。このメソッドを使えば、聞き手は「これをしなきゃ」「あれもしなきゃ」と焦ることなく、純粋に会話のやり取りを楽しめるようになります。



 私がフリーライターとして仕事をする中で、どのインタビューでも土台にしているのは、本書で紹介する「聞き方」です。


 仕事だけでなく、プライベートで会う友人や親戚、交流会・勉強会などで初めて会った人と話すときもこの「聞き方」で会話をしています。それだけ汎用性が高く、一度覚えると便利なメソッドだと言えます。


 本書では、具体的なケースを挙げながらこの方法を詳しく解説しています。あなたも読み終える頃には、次のような変化に気づくでしょう。


●初対面の人とも気負いなく話ができる

●どんな人とでもムリなく打ち解けられる

●これまで退屈だった会話まで楽しめるようになる

●自然と会話が続くようになる



 きっと、自分を装ったり演じたりするのではなく、「本当に聞きたいから、相手に聞いてみよう」「人の話を聞くのが面白い」と思えるようになるはずです。



 私は10年ほど前からこれらのメソッドを伝える「聞き方セミナー」を開催しているのですが、ありがたいことにすでに多くの方が受講後にその効果を感じています。


 よくいただくのはこんな言葉です。


「接客業で難しいお客様とも話せるようになった」

「上司や同僚との会話で緊張しなくなった」

「知らない人との会話が楽しめるようになった」



 私自身も驚いたのは「外国の方との会話でも応用できた」というご報告です。確かにこの方法は小手先のテクニックを駆使するのではなく、コミュニケーションに必要な基本的な土台作りから入るメソッド。話す言語に関係なく使えるわけです。



 ひょっとしたら「実際はやろうとすると難しいのでは?」と感じた方もいるかもしれません。でも大丈夫!


 本書はビジネスパーソン対象ですが、これから社会に出る学生の皆さんも実践可能で、何よりも私のような一介のライターが実践できていることです。特に、これまでの方法でうまくいっていない方にはぜひ試していただければと思います。


 早く身につけるほど、出会える人、出合える情報が増えていきます。本書を十二分に活用して新しい人間関係をどんどん築いていってください。


丘村奈央子

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
5
残り:0文字/本文:2124文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次