読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1296919
0
本当に良い医者と病院の見抜き方、教えます。(大和出版) “患者の気持ちがわからない”お医者さんに当たらないために
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
6章 最良かつ納得できる医療と出会うために

『本当に良い医者と病院の見抜き方、教えます。(大和出版) “患者の気持ちがわからない”お医者さんに当たらないために』
[著]大塚篤司 [発行]PHP研究所


読了目安時間:21分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


「気のせいだった」とは思わない


 ぼく自身も患者として病院に通うことがあります。


 小学生の頃から、視界にゴミのようなものが飛んで見える飛蚊症がありました。飛蚊症は白内障の症状のひとつで、ぼくの場合はアレルギー性結膜炎による目のこすり過ぎが原因です。


 医学部の学生時代、飛蚊症という言葉を知って自分に当てはまることに気がつきました。


 いざ自分が目の病気かもしれないと思うと、ものすごく怖くなって病院に行けませんでした。


 その後、年齢とともに飛蚊症が悪化していき、眼科を受診したのは40歳を過ぎてからです。インターネットで白内障や網膜剥離のことを調べ、手術と入院を覚悟で診察を受けました。


 眼底検査の写真は、眼科は素人レベルのぼくでもわかるほど網膜が変性していて、どうしてはやくに病院に行かなかったのかと後悔したほどでした。


 それでも、視野に関係する大事な部分は守られていて、すこしでも異常がでればすぐに手術というところで踏みとどまっています。


 本当に運が良かっただけで、気がつかずに目を激しくこすり続けていたら失明していた可能性もありました。


 それ以来、気になった症状は我慢せずに病院に行くことを心がけています。


 こういった教訓を踏まえて、知り合いに健康相談を受けた際にアドバイスしていることがあります。


「同じ症状が2週間以上続いているなら一度病院に行ってください」


 なんかおかしいなと感じて症状が続く場合、2週間を過ぎたら慢性の病気が隠れている場合があります。



 症状が毎日出ることなく、断続的な場合もあります。1週間続いて、数日症状がおさまって、また繰り返す場合もあります。


 そういう場合でも、最初の症状が出現してから2週間経っている場合は怖がらずに病院に行きましょう。


 症状が数日おさまっても、再開するようであれば必ず病院に行ってください。「気のせいだったのかな」と自分に良いように解釈してはいけません。



 ぼくが専門としている皮膚がんの場合でも、症状がずっと続くわけではありません。皮膚がんの部分から出血することもあるのですが、毎日血が出るわけではないのです。数日続いて出血して、あるとき止まって、そしてまた出血するという具合に変化します。


 血が出たり止まったりを繰り返す、こういう症状の変化が起き始めて2週間続くようであれば、慢性の病気が隠れている可能性があります。必ず一度は医者に診てもらってください。


「痛くないからがんじゃない」は間違い


 病院で診察をしていると「痛くないんです」とおっしゃる患者さんによくお会いします。


 数年前にできたほくろが、がんではないかと心配になって家族の方に連れられて受診。「これががんのはずがないでしょう?」と同意を求めるように「痛くありません」と患者さんから言われます。


 残念ながら、がんの多くは痛くありません。


 皮膚がんの中でも悪性度が高いとされている悪性黒色腫(メラノーマ)は、進行しても痛みを感じることはありません。


 全然痛くなくて放置していたけど、病院で念の為に検査を受けたら悪性黒色腫で内蔵転移までしていた、ということもしばしば経験します。


 痛くないという理由を自分への言い訳にしてはいけません。皮膚がんに関して言えば、早期発見で治癒できる病気です。


診断がつくことを怖がらない


 近年、医療リテラシーが高い人の中では、健康診断や早期発見の問題点を指摘する人も増えています。


 たいした病気ではないのに診断がついてしまうことで、その後の生き方に影響を及ぼすからです。


 確かに、放置しておいてもよい病気を見つけてしまうことは、患者さんにとっては「爆弾を抱えて生きる呪いをかけられた」と感じる人もいるでしょう。


 それでもぼくは「診断をつくことを怖がらずに病院へ行きましょう」と言いたいと思います。


 まず、あなたが心配している症状は、本当は病気でもなんでもない可能性があるからです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:8743文字/本文:10350文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次