読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1297107
0
いつも「面倒くさい」と思ってしまうあなたへ 前向きな自分になれるタイプ別対処法
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
タイプ3「最初の一歩を踏み出せない」タイプ

『いつも「面倒くさい」と思ってしまうあなたへ 前向きな自分になれるタイプ別対処法』
[著]笹氣健治 [発行]PHP研究所


読了目安時間:22分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

このタイプの人の特徴

最初の一歩を踏み出せない」タイプの特徴は次のようになります。


・好奇心(おう)(せい)で、やりたいことが次から次へと浮かぶ

・積極的にいろいろなことに取り組もうとするが、どれも中途半端になってしまう

・何事もしっかりやろうとするあまり、準備に時間をかけすぎてしまう

・行動する前にあれこれ考えすぎて、不安や迷いを感じてしまう



 このタイプの人は、何かやろうとするときに、成功する確率が高いもの、あるいは失敗するリスクの少ないものを探そうとしてしまいます。そのために、次々と情報を仕入れてしまうクセがあります。


 慎重になってあれこれ考えすぎてしまい、行動する前にやる気が薄れている……。興味を持てそうなことが見つかっても、もっと他にうまくいくものがあるのではないかと考えてしまって、結局どれも行動には至らない……。好奇心旺盛で、次から次へといろいろなことに興味が()いて手をつけてしまい、結局どれも中途半端で終わっている……といったことが悩みのタネです。


 行動しなければ何も始まりません。継続しなければ結果は得られません。それなのに、なかなか最初の一歩が踏み出せず、また、踏み出しても三日坊主になってしまう。この状況から抜け出すためには、自分の中の期待をいったんリセットする必要があります。


 そのために役立つ方法をこれからご紹介していきましょう。



「情報が多すぎて判断できない」

Part1「面倒くさい」と感じるとき心に浮かんでいる22の考え方 参照


 現代は、情報を持っているほど得をする時代です。


 フリーマガジンやインターネット上で割引券を配布している飲食店が増えていますが、それを利用しない手はありません。スーパーマーケットのチラシを見なかったばっかりに、特売セールを一日違いで逃してしまうと、損をした気分になったりします。事前に調べておけばよかったと悔やんでも後の祭りです。天気予報やイベント情報、道路混雑情報なども、あらかじめ知っておくことで効率よく行動できます。チャンスを逃さないためにも情報チェックは今や(ひっ)()です。


 同様に、何か新しいことを始めるときも、事前に情報を入手しておく方が有利です。たとえば習い事を始めたり資格をとったりする場合、たくさんある選択肢の中からベストなものを選ぶためには、料金の比較はもとより、評判はどうなのか、どんなサービスがついているのかも重要な選択基準になります。とくに最近は、インターネットを使えばいくらでも簡単に情報を集められます。


 行動する前に多くの情報を集める。これは「チャンスを逃したくない」「損をしたくない」「失敗したくない」といった願望(=期待)の表れとも言えます。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:9817文字/本文:10943文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次