読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1297290
0
中国人とは何者か 日本人は永遠に理解できない?
2
0
0
0
0
0
0
人文・科学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3 ODAの役割は終わった

『中国人とは何者か 日本人は永遠に理解できない?』
[著]小笠原茂 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

対中援助の理由はすでに消失


 このようにさまざまな問題点を指摘した上で、古森はODAの最重要課題を三つ挙げている。


 まず第一に、いまの国際社会では対外経済援助という政策自体のパラダイムが激変し、必要性を薄くしてしまった点である。


 そもそも対外経済援助は、第二次大戦後、アメリカによって体系的な政策として組み立てられたものだった。この最大の要因はソ連の共産主義と軍事脅威の膨張に対処するものである。つまりソ連は国際共産主義運動の一環として、貧しい非共産国に援助を与え、圧力をかけて自陣営に取り込もうとしていた。


 アメリカはその動きに対し、自らも援助を開始した。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1903文字/本文:2181文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次