読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1297359
0
世界四大宗教の経済学 宗教とお金、その意外な関係
2
0
0
0
0
0
0
経済・金融
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
銀行業をしたジャイナ教徒

『世界四大宗教の経済学 宗教とお金、その意外な関係』
[著]白取春彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

極端を行くジャイナ教


 ブッダと同時代に生まれた宗教で現代インドまで連綿と続いているものにジャイナ教がある。


 ゴータマ・シッダールタは苦行は意味がないとして瞑想によって悟りを開きブッダとなったが、その苦行を十二年間続けて悟りを開いたというのがヴァルダマーナという修行者で、彼がジャイナ教の祖となった。ブッダより十数年年下でクシャトリア出身のヴァルダマーナも、家と子供を捨てて放浪修行した。


 ジャイナというのは勝者という意味で、ヴァルダマーナはジャイナの尊称で呼ばれた。また、偉大なる英雄の意味のマハーヴィラとも呼ばれた。


 ジャイナ教は仏教集団と同じように僧侶と尼僧の集団を持ち、現世と社会生活を放棄して道徳を守って清浄な生活を送ることを目指した。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1498文字/本文:1820文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次