読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1298014
0
風鳴り止まず〈真珠湾編〉
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
大詔を奉じて

『風鳴り止まず〈真珠湾編〉』
[著]源田実 [解説]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「天佑ヲ保有シ萬世一系ノ皇祚ヲ践メル大日本帝国天皇ハ昭ニ忠誠勇武ナル汝有衆ニ示ス」


 とされて、米国および英国に対して戦が宣せられた。宣戦布告の(たい)(しよう)である。


 情報局は八日午前十一時四十五分、その旨を発表した。


 その時、日本人の多くがどのような気持ちでこの「宣戦の大詔」を受けとめたか。


 当時の毎日新聞が十二月九日付に掲載した「東亜解放戦開始」と題する社説の前段部分から、その(いつ)(ぱん)をうかがい知ることができる。かな使いを現代風に直して、紹介してみよう。


 ──一億総進軍の日は来た。待ちに待った日は来た。米英両国に対する宣戦の詔書を謹読するもの、誰か血沸き肉躍るの感を抱かないものがあろうか。


 ──既に事は決した。われら全国民は、東條首相の謹話にある通り「必勝の信念」をもって、最後の勝利を得るまで戦い抜こう。(みち)はいかに険難であろうとも、また戦いはいかに長引こうとも、宣戦詔書の一字一句ことごとく魂をこめて拝読せねばならぬ。否、一句一行の間を埋むる聖旨を、国史によって鍛われた日本精神をもって、拝読せねばならぬ。


 ──万邦の平和と共存を念とし給う(おお)()(こころ)(へい)()として、天日のごとく明白である。しかしながら、東亜の禍乱を長引かせ、東亜を奴隷化し、東洋制覇の飽くなき非望を遂げんとする彼米英の汚濁せる鏡面には映じない。


 ──政府が危局を既倒に挽回せんとした幾多の努力は、事毎に無謀にも(じゆう)(りん)せられた。七重の膝を八重に折り、われらをして歯痒い思いをさせてまで、平和を太平洋に維持せんとした努力は、顧みられることなくして、泥土に委せられた。性格的に短気であるといわれているわが国民は、よくここまで辛抱したものだと思う。


 ──「隠忍久シキニ渉リタルモ」と仰せられた大御心を奉察して、わが国民の心臓は煮えたぎる思いがするのではないか。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4468文字/本文:5272文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次