読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1298061
0
人間観察 極めたら悩み消えた
2
0
7
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『人間観察 極めたら悩み消えた』
[著]くらはしまやこ [発行]すばる舎


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
7
| |
文字サイズ

「趣味は人間観察です!」


 

そう言うと、「へぇ~そうなんだ」「あはは~」なんて、こんな感じで流されておしまいになってしまいますよね。あまり市民権を得ている趣味ではありません。

でもですね、人間観察って本当はとってもすごいものなんです。

「趣味、人間観察」ではあきれられたかもしれませんが、「特技、人間観察!」くらいまでレベルを高めていったら話は変わってきます

私、くらはしは人間観察歴「うん十年」。人の心理や行動をさまざまなアプローチで見続けてきて、早ければ「秒」単位で、遅くとも会話のやり取りを何ラリーかすればほぼ傾向がつかめる、くらいまでになってまいりました。

「人の心と行動」をテーマに講座を開いたり、企業や学校などで講演や研修をしております。また、体から性格を整える、なんていうことも行っているのですが、それもこれも、すべては人間観察の延長線上にあります。

人間観察……こんなにも身近でありながら、奥深く、そして楽しいものはありません。

一般的な人間観察というと、街ゆく人を見てみたり、はたまたカフェなどで人の話に聞き耳を立てておもしろいこと(変な人やゴシップなどを含めて)はないかなぁと探す、そんなイメージがないでしょうか。


 

本書で紹介する人間観察は、そうではありません。

人のおもしろいところを探すということからさらに一歩踏み込んで、では、なぜ人がそんな行動をとるのか? 人の深層心理まで含めて、観察を通して理解できるようになるという方法です。

相手の生年月日や血液型を知る必要もありませんし、特別な道具も、知識も必要ありません。

たとえば、服装、身につけているアイテム、姿勢、仕草、声の大きさ、話題、口癖など、いくつかのポイントを見ていくことで、その人がどんな人なのか。どんなことを大切にしていて、どんなことを嫌うのかなどが、ちょっとしたやりとりの中でわかるようになってきます。

しかも、別にじ~~~~っと観察するわけではありません。いつもどおり相手とのやりとりをしていれば、初対面の人であっても、ものの数分ではっきりと傾向がわかるようになるのです。

たとえばどんな席に座るか、どんなメモをとるかといったことからも、いろいろわかってしまうことがあります

そう言うと何かの特殊能力のようですが、そういうわけではありません。

心理学などの学問・性格分析の理論にもとづいていますので、再現性もバッチリです。

つまり、具体的で超簡単。誰でもちょっと練習をすればすぐにポイントがわかる「ワンランク上の人間観察の方法」をお伝えしているのが、この本『人間観察 極めたら悩み消えた』なのです。

じゃあ、観察したらなんで悩みがなくなるの? というと、はい。理由はたくさんあります! たとえば、こんなこと。


 

・人の性格がよ~くわかるようになるから

・人(家族や職場の人なども含めて)の言動にムダにイライラしなくなるから

・新しい場所でも人間関係が気楽につくれるようになるから

・人間関係が総じてスムーズになるから

・自分の性格や感情の扱い方もよくわかってくるから

・自分の今のストレス状態がわかるようになるから

・自分のことがよくわかり、人に頼ることが少なくなるから

・ものごとを重く受け止めすぎず、たんたんと行動できるから

・「これしかない!」ではなく、さまざまな中から自分で選べるから


 

などなど、細かく挙げればもっとたくさんの理由があります。

家族の問題だったり、職場で感じているモヤモヤもなくなってきて、そうなれば心穏やかに日々を過ごすことができ、仕事での成果も上がりやすくなるので、収入アップ! などにもつながってきます。他にも、「いいパートナーを探していて……」なんていう人にもぴったりな内容になっています。

たかが人間観察ですが……極めたら、すごいんです。


 

そんな本書は、全部で6章構成になっています。

まず1章では、人間観察の概要と、極めると起きる「いいこと」についてより詳しくお伝えします。

続く2章では、さっそく具体的な人間観察の方法をご紹介!

そのあと3章~5章では、その方法をふまえて、具体的な事例を使いながら観察の仕方、見分け方などをより詳しくお伝えしていきます。最後の6章はセルフチェックになっています。

人のことがよ~くわかるだけではなく、人のことを通して、自分のことをよく見る、自分のいいところをあらためて知り、日常に活かす、そんなことができるようになっています。

毎日忙しいと何かとストレスもたまりますし、いろいろと不安なことも起きる世の中ですが、そんな中でも、人と自分と上手に付き合って、自分が本当に望んでいる人生を手に入れる。そんな手立てにできればと思います。

ぜひ最後までお楽しみください!

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
7
残り:0文字/本文:1931文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次