読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1298269
0
欧米の独創的な100人に見る 名言の智恵 生きる智恵
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ヴェルフリン『美術史の基礎概念』

『欧米の独創的な100人に見る 名言の智恵 生きる智恵』
[著]谷沢永一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

芸術家が一度はなんらの先入見もなく直接に自然と面と向うことが出来たと考えるのは、一種の素人観である。しかし、芸術家が表現の概念として何を()け伝え、またこの概念が彼においていかに働きを続けるかということは、彼が直接的観察から獲てくるものの総てより遥かに一層重要である。

(守屋謙二訳、昭和十一年、岩波書店、副題「近世美術に於ける様式発展の問題」)


ハインリヒ・ヴェルフリン(一八六四~一九四五)はスイスの美術史学者。ヤコーブ・ブルクハルトに学び、その後任として、バーゼル、ベルリン、ミュンヘン、チューリヒの各大学教授を歴任した。従来の包括的な文化史を軸とする美術史学から脱却し、様式を比較検討しながら特性を見出そうとする学派の祖となる。各民族および各時代に、それぞれ固有の表現傾向を認める視座は、ヨーロッパ中心の概念を大きく広げ、世界美術史の観点に立つ。ヴァザーリ以来の伝統美術史観を鍛え直した功績は大きい。



 自然を観察するとは、目前の自然を従来とは多少とも(おもむき)を異にする描き方の(たん)(しよ)を求めて思案をめぐらす工夫であり、なんらの枠組みも構図も筆法も何もない白紙で臨む裸眼は、求めても願っても不可能であると、世界の名画を可能なかぎり見渡し比較したヴェルフリンの実感である。


 小説が文芸史上に先立つ小説からつくられるように、絵画は残されている名画にもとづいて描かれる。手品にすらかならず(ネタ)がかくされているように、絵画は絵画によって描かれる。我が国の絵画史に(きつ)(りつ)する巨匠は雪舟等楊であるが、その最も著名な「四季山水図巻」(防府毛利報公会蔵)の卓越を鑑賞するためには、南宋の(もつ)谿(けい)をはじめとして多く渡来した水墨画、それを承けて我が国で作画された()(おう)から(しゆう)(ぶん)への諸家、それらの技法と迫力に接していなければならない。そのうえでようやく雪舟の、完成作ではない下絵として残っている「天橋立図」(京都国立博物館)の傑出が()(てん)される運びとなるであろう。


 写真は機械(メカニズム)であるゆえ真実であるか、そうではない。写真もまた人間の手になる創作である。入江泰吉や土門の写真集は、南都北嶺を題材(テーマ)として精魂こめた芸術ではないか。かつて私の著書に刷りこむべき顔写真を、有名な写真家が時間をかけて撮影してくれた。できてきた写真には、ほれぼれするような美男子が写っているではないか。それを見た友人が笑いだし、これはもう詐欺というものだ、と言った。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1067文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次