読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1298430
0
それはデートでもトキメキでもセックスでもない 「ないこと」にされてきた「顔見知りによる強姦」の実態
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
10.女性へ:顔見知りによるレイプを防ぐには

『それはデートでもトキメキでもセックスでもない 「ないこと」にされてきた「顔見知りによる強姦」の実態』
[著]ロビン・ワーショウ [訳]山本真麻 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:17分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


「あのひどく辛い晩から学んだのは、自分の直感を信じることです」

1回目のデートでレイプされたメリル



 毎日誰かが顔見知りの男性にレイプされている。多くの場合、そのレイプは事前に予想がつかず、逃げられない。しかし多くは遭遇する前に予防できる


 普通の女性は、知り合いの男性がレイプに向かって行動をエスカレートする際、疑いようもなく不利な状況に置かれる。見知らぬ人が相手ならばレイプの危険性をすぐに感じ取ることができても、友人が相手ではそうはいかない。また、見知らぬ人から暴行されれば取るであろう行動、たとえば助けを求めて叫ぶ、相手を叩く、そして逃げることすら、相手が顔見知りだと考えつかないこともある。


 デートレイプと顔見知りによるレイプを撲滅するには、女性は現状を理解し、レイプの可能性をはらむ状況や人を回避し、レイプに遭遇したときの対処法を学ぶ必要がある。このような知識で武装すれば、被害の回避や阻止が可能になるだろう。


避けるべき男性のタイプ



 顔見知りによるレイプを予防するということは、顔見知りのレイプ犯を避けることだ。しかしその男性を見極めるのは簡単ではない。魅力的で好ましく思えるレイプ犯すらいるからだ。しかし、レイプ犯となりうる男性の多くが兆候を発しており、女性はその危険信号を読み取れるよう学ぶ必要がある。


 レイプカウンセラーと被害経験者は、次の特徴を持つ男性からはとにかく急いで逃げることを勧めている。


・精神的に虐待する(侮辱、言葉でけなす、意見を無視する、女性が主体で行動したり提案したりすると不機嫌になったり怒ったりする)

・女性の友人関係や服装に指示を出したり、生活や人間関係の一部を支配しようとしたりする(観る映画、行くレストランなどを自分が選ぶと言ってきかない)

・女性全般に対して否定的

・理由なく嫉妬する

・酒を飲み過ぎたり、ドラッグを濫用したり、女性を酔わせたりしようとする

・飲酒やドラッグの使用、セックスすること、自分と孤立した場所やプライベートな場所(男性の家、あなたのアパートメントなど)に行くことを嫌がる女性を、ひどく非難する

・デートにかかる費用を少しも共有したがらず、女性が支払いを申し出ると怒る

・女性をつかんだり、行きたい方向へ行くために押しのけたりする「だけ」だとしても、女性や他人に対して暴力的な一面を持つ

・女性を脅すような振る舞いをする(異常に近距離に座る、身体で行く手を塞ぐ、女性本人よりも女性のことを理解しているかのような口ぶりで話す、嫌がる女性に触れる)

・性的または感情的な欲求不満を、怒りを伴わずに表せない

・女性より年上だから、または自分が女性より賢い、もしくは社会的に優位であると思っているため、女性を対等に扱わない

・武器に魅了されている

・動物、子ども、いじめの対象となる人に対して残酷な対応をして楽しむ


避けるべき場所



 一緒に過ごす相手と同じくらい重要なのが、場所だ。女性をレイプする男性は、暴行に適したチャンスが必要だと理解している。最も多く暴行が行われるのは孤立した場所だ。停車した車内、夜のビーチ、フラタニティハウスの個室などは、いずれも周りに人がおらず、おそらく数時間邪魔が入らない、顔見知りのレイプ犯が被害者を連れて行くには絶好の場所である。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:7003文字/本文:8352文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次