読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1298434
0
それはデートでもトキメキでもセックスでもない 「ないこと」にされてきた「顔見知りによる強姦」の実態
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
14.あなたがもし被害に遭ったら

『それはデートでもトキメキでもセックスでもない 「ないこと」にされてきた「顔見知りによる強姦」の実態』
[著]ロビン・ワーショウ [訳]山本真麻 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


「あの経験を完全に忘れることは一生ないこともわかっています。

あまりにも深く刺さり、私をあまりにも変えてしまいました」

顔見知りによるレイプのサバイバー、ジョルジェット



 見知らぬ人からレイプされたらどうすればいいかを、ほとんどの女性が知っている。すぐに助けを求めるのだ。しかし、顔見知りの男性にレイプされると、はっきりとした行動を取れないことが多い。


 あなたがデートレイプや顔見知りによるレイプの被害に遭った後にすべきことを、レイプカウンセラーと被害から立ち直った女性が次のように提案している。


①自分を信じる。あなたの意思に反する強制的な性交は、相手があなたのデート相手、元恋人、長年の友人、ちょっとした知り合い、見知らぬ人、その誰であろうと、間違った行為だ。相手が凶器を使用しなかった、またはあなたに怪我がなかったとしても、それはレイプだ。


 自分に非があってレイプされたと、自分のことを責めるかもしれない。あなたに非はない。相手があなたに暴行しようと思ったから、レイプが起きた。後で馬鹿だったと感じる行動(酔っ払う、相手の車に乗る、相手のアパートに行く)をあなたが取ったとしても、その行動があったからレイプされるのも当然だとは言えない。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2455文字/本文:2972文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次