読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1298726
0
頭がいい人のモノの言い方(きずな出版) デキる!と思われる45のフレーズ
2
0
24
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『頭がいい人のモノの言い方(きずな出版) デキる!と思われる45のフレーズ』
[著]齋藤孝 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
24
| |
文字サイズ

言葉を変えると、思考が変わる



「言いたいことが伝わらない」

「考えがうまくまとまらない」

「意見を言っても、なかなか通らない」

「いいアイデアが浮かばない」


 いま、社会人の多くがこうした悩みを抱えています。仕事の効率性とスピードを求められ、コミュニケーション力と思考力が、ますます重視されるようになったことも大きな理由でしょう。


 では、どうすればその2つの能力を高めることができるでしょうか?


 1つはっきり言えるのは、

「話し方を変えれば、思考が変わり、頭もよくなる」


 ということです。


 頭の良し悪しは、その人が使う言葉に表れます。


 初対面の人でも、少し話を聞いただけで、「ああ、この人は頭がいいな」と感じる話し上手な人がいます。反対に、話が長すぎたり、短すぎたりして要領を得ず、「結局、なにが言いたいの?」と思ってしまう話し下手の人がいます。


 両者の一番の違いは「言葉の使い方」が違う点です。話し言葉に限定すれば、「モノの言い方」が違うといってもいいでしょう。



 人間の思考は、使っている言葉によって決定されます。自分が日常的に使う言葉を意識的に変えることで、思考習慣が変わります。


 意図的に言葉を変えれば、物事を()(かん)したり、相手の目線に立ったり、時間軸をずらして見ることができるので、相手が納得できるように思考を整理した話ができるようになるのです。


 たとえば、「視点を変えると」という言い回しを意識的に使うようになると、自然といつもの自分とは違う視点から物事を捉えたり、考えたりするようになるのです。


 使える言葉のフレーズが増えると、思考も多様化していきます。


 思考が多様化すると、自分の主観や思い込みにとらわれて空回りすることが少なくなり、客観的かつ論理的な考え方ができるようになります。


 それは、思考のスピードが速くなることを意味します。


 いまの時代は、何事においても「スピード」が要求されます。とくにビジネスの世界では効率よく仕事を進めたい人が増えているため、話すのも書くのも簡潔な言葉が求められるようになりました。


 まわりくどい説明をする人や、話がダラダラ長い人は、相手の貴重な時間やエネルギーを奪うので、敬遠されることが多くなったのです。


 話し相手に不満やイライラを感じさせると、「この人の話はわかりにくくて面倒だ。仕事ができない人だ」と思われてしまいます。


 自分がそうならないためには、コミュニケーション力とそのベースになる思考力を同時に鍛える必要があるのです。


 私の周りにも、「言葉遣いが思考能力の高さを表している」と感じる人がたくさんいます。とくに東京大学時代の同窓生は、いまでも一緒に食事をしたり飲んだりする仲ですが、みんな話の仕方に一定の特徴があります。端的に言うと、言葉遣いに無駄がなく、会話が上手でスピーディなのです。


 もし、彼らとの飲み会を初めての人が見たら、「これは本当に飲み会なのだろうか?」と(ろう)(ばい)するほど、会話の美しいパスが整然と回っていくのです。だれかがある話題を持ち出すと、別のだれかがそれを引き受けて話を広げ、また別のだれかがその話をキャッチしてさらに展開させていきます。


 それはまるで、FCバルセロナの鍛え抜かれた選手たちの美しいパス回しを見ているようです。彼らの素晴らしい会話の連携プレーに、いつもため息が出るほどです。


 もちろん、話があちこち飛んで、展開などわからないような錯乱した飲み会も好きですし、それこそが飲み会の(だい)()()ともいえます。


 しかし、そういう場でも自分を失わずコミュニケーションできる人は、普段から言葉の使い方を鍛えているからこそ、いつでも自然と美しい会話のパスができるのです。



 言葉遣いと思考方法を変えるもっとも良い方法は、言葉遣いが上手な、頭のいい人の話し方を身近で見聞きし、真似してみることです。


 言葉遣いに自信がない人でも、赤ちゃんが周りの会話を聞いて言葉を覚えていくように、真似することで言葉の貯金は着実に増えていきます。


 ただ、ここで難点があります


 たとえば、野球には高校野球、実業団野球、プロ野球とレベル別に種類があります。


 素人であっても、超一流のプロのプレーをテレビを通じて見て、真似することができます。


 しかし、ビジネスシーンにおけるメジャーリーグ級の、超トップの人たちの話し方、考え方を見聞きできる人はそう多くはありません。私はつねづね、これはもったいないことだと思っていました。


 本書では、私が日頃から出会う頭のいい人たちのモノの言い方をまとめ、多くの方の参考になるようにしました。


 まずはどれか1つでもいいので、この本で覚えたフレーズを口に出して使うようになれば、それによってあなたの思考様式が変わり、「これはこういうことなのか」と頭のなかも整理されていきます。


 なお、本書で紹介している言葉は、メールやチャットで使うのもおすすめです。メールにも人格が表れますから、そういう人とは安心して仕事することができるのです。


 本書で覚えたフレーズを繰り返し使うことによって、コミュニケーション力と思考力が同時に高まっていく楽しさを実感いただけると嬉しいです。


齋藤孝

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
24
残り:0文字/本文:2142文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次