読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1298984
0
孤独よ、こんにちは。
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
孤独はずっとは続かない

『孤独よ、こんにちは。』
[著]枡野俊明 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 孤独には二通りの場面があるのではないかと思います。


 一つ目は、まさに物理的に一人でいる時。もう一つは、誰かと一緒にいる中で襲ってくる孤独です。


 いちばん分かりやすいのは、たとえば言葉の通じない外国に一人でいると、そこには孤独感が生まれるでしょう。誰も知り合いがいないという状態です。コミュニケーションを取りたくても言葉が分からない。その国の生活習慣も分からない状態であれば、どのように行動すればいいかも分かりません。そこにはたくさんの人がいるのにもかかわらず、自分だけが異質なもののように感じてしまうことでしょう。


 海外でのこのような経験はまだしも、同じ日本人の中で起きてしまうとなればどうでしょう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1433文字/本文:1734文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次