読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1299257
0
「魂の道」を行けば、ソウルメイトに必ず出会える
2
0
2
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
恋に落ちる本当の理由

『「魂の道」を行けば、ソウルメイトに必ず出会える』
[著]Amy Okudaira [著] 奥平亜美衣 [発行]すばる舎


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ

◆「自分の可能性」を相手の中に見ている


 


 これまでの人生の中で人を好きになったり、お付き合いしたりたことがあっても、そもそも人はなぜ恋愛や結婚をするのか、ということまで考えたことがある方は少ないかもしれません。


 


 今、好きな人はいますか?


 もしいるならその人を思い浮かべてください。


 もし、好きな人がいなければ、自分はどういう人が好きなのか、今一度考えてみてください。


 どうしてその人をいいな、と思ったのでしょうか?


 


 見た目が好みだから


 仕事ができてかっこいいから


 とにかく優しいから


 話をしていて楽しいから


 


 いろいろ理由があると思いますが、その奥にはさらに本質的な理由があります。


 実は、誰かに惹かれる本当の理由は、「魂の気づき」のためなのです。


 たとえば、あなたの中で「まだ目覚めていない自分」「本当の自分」「あなたの魂が求めている自分」と言えるものを、その人の中に見つけたという場合。


 あなたの中にそのタネがあるのに、まだ発芽して開花していない自分を、その人が見せてくれているということです。


 このように、自分の中に眠っている「可能性」が実現した姿を、相手の中に見ているのです。


 人を好きになることで、「本当の自分」「魂の自分」を見つけられるということ。


 つまり、「あなたは、大好きなあの素敵な人と同じくらい素敵な人なんですよ」という魂からの知らせでもあります。


 


 好きな人ができたら、その人につり合う自分になれるように何かに取り組み始め、どんどん成長していく方も多いと思います。


 誰かを好きになると、その人との関係性の中で成長していきます。


 つまり、自分が成長していくために、人を好きになり、恋愛するようにできているのですね。


 自分の眠っている可能性を目覚めさせ、成長させてくれるもの、それが恋愛なのです。


 


 とくに好きな人がいないという人は、今はパートナーシップを通じて学ぶ時期ではなく、人間関係や仕事など、別のことを通じて学ぶ時期です。


 好きな人がいない、出会いがない場合については、後章でくわしく説明していますが、時期が来たら必ずいいなと思う人が出てくるので、安心してくださいね。


 

◆気づかなくてはいけない何かがある


 


 人との出会いは、「気づかなくてはいけない何か」があり、それに気づくために出会う、ということもよくあります。


 とくにパートナーシップにおいては、最初は大好きで付き合い始めたり、結婚したりしたとしても、ずっとそのまま順風満帆というようなことはほとんどなく、なんらかの問題が起こることが大半です。


 どうしてそうなるかと言うと、その問題が起こることで、自分自身と相手に向き合わざるを得なくなり、その中でさまざまな学びがあるからです。


 どんな学びかはもちろん人それぞれなのですが、共通しているのは、「本来の自分自身に戻るための学び」であり、「本来の自分自身を愛するための学び」です。


 いずれにせよ、あなたが経験するものすべてに、「より自分自身を知る」という魂の学びが隠されているのです。


 人生にとって必要のない人があなたの目の前に現れることはありません。

「自分の可能性をそろそろ目覚めさせないといけない」「気づくべき何かに気づかなくてはいけない」というぴったりの時期に、目の前に出会うべき人が現れるようになっています。そして、その相手は、魂で約束を交わしている「ソウルメイト」のひとりです。


 あなたがもし誰かにはっきりとした特別な感情を抱くのなら、そこには、自分の魂に関わる大事なことが隠されているということ。


 だから、誰かを好きになる気持ちに敏感になり、大切にしてくださいね。


 意味なく、恋愛や結婚という事象が起こるのではなく、すべて意味があって起こっているのです。


 

13年間続いた婚姻関係を解消


 


 私自身、恋愛や結婚は魂の学びのために起こるということを、元夫との結婚生活、そして離婚という経験の中で気づき、学びました。


 


 2018年の末に、13年続いた婚姻関係を解消することになりました。


 出会ってから最初の10年弱は、私たちは本当に仲が良かったし、なんの問題もなく結婚生活を送っていたのですが、今から6年ほど前、ちょうど最初の本が出たあとあたりから、小さなズレを感じ始めていました。


 それ以前、私は貿易商社で会社員をしていましたが、スピリチュアルの世界に出会い、本を書くという仕事をするようになり、やっと「自分の魂の道を歩いている」という確信や、日々の充実感を得られるようになりました。


 

「魂の道」に入ると、さまざまなことがスムーズに進み始めました。


 仕事はどんどん軌道に乗り、執筆依頼や講演依頼が途切れることはありませんでした。国内のみならず、海外に呼ばれて行くことも何度もありました。


 そうして、どんどん「自分自身の道」を突っ走っていきたい私と、それについて来れずに現状に立ち止まる夫、という関係になってしまったのです。


 私の魂の興味はどこまでも果てしなく、仕事だけでなく、これまで以上にいろいろな場所に行きたくなり、交友関係も広がって、元夫とはどんどんズレていきました。


 以前の私は「本当の私」を偽っていたので、本当の私に戻ったときに関係性が変わっていくのは必然と言えば必然です。


 


 そして、そのうちにひとつ問題が起きました。


 元夫が仕事を辞め、働かなくなったのです。


 彼が仕事を辞めたのは、日本からバリ島へ移住するから、という名目でしたが、バリ島へ移住してからも、一向に定職に就く気配はありませんでした。


 


 バリ島の一般的な仕事の給料は、日本の5分の1~10分の1程度です。


 日本で10年近く仕事をしたことのある元夫にとって、金銭面でのモチベーションが上がらないのも理解はできました。


 しかし、仕事の喜び、自分の人生を自分で創造していく喜びがますます大きくなり、それにともなって経済的な見返りもどんどん大きくなっていった私と、お金にならないから仕事をしたくない、という元夫とのエネルギーは離れていくばかりで、溝は深まるばかりでした。


 元夫の仕事に対する態度に疑問を抱きつつも、経済的には私の収入のみでも問題がなかったため、やり過ごしていたのですが、そんな中、元夫との関係について向き合わざるを得ない、決定的な事件が起きました。


 プライベートなことになるので詳細は省きますが、そこからは元夫との関係について、向き合わざるを得ませんでした。


 そしてそれは、「自分自身と向き合う旅」の始まりだったのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:0文字/本文:2671文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次