読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1299281
0
「魂の道」を行けば、ソウルメイトに必ず出会える
2
0
1
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
愛と執着のちがい

『「魂の道」を行けば、ソウルメイトに必ず出会える』
[著]Amy Okudaira [著] 奥平亜美衣 [発行]すばる舎


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ

◆「彼の考えを尊重したい」は愛


 


 彼との恋愛を成就させたい、というご相談はこれまでたくさんいただきましたが、かなりの割合で本当に彼を好きなのではなく、ただ執着しているだけではないのかな、と感じることがありました。


 執着心を相手への愛情と勘違いしているケースが本当に多いと思います。


 


 彼への気持ちが愛なのか執着なのか、こう考えてみればわかるでしょう。


 彼が、今どういう状況であろうとも、何をしようとしていようとも、彼の選んだことを尊重したい、彼が幸せであったらいいと思えていれば愛情。


 また、彼がどうあったとしても、自分が愛情という気持ちを抱けたことを彼に感謝できているなら愛情です。


 逆に、彼に対して見返りを求めている状態、自分を愛してほしい、こうしてほしい、ああしてほしいと彼をコントロールしようとしているのであれば、それは執着です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:2498文字/本文:2867文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次