読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1299438
0
復興への道をひらく
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
復興のシンボル・大崎市の災害公営住宅「古川十日町住宅」

『復興への道をひらく』
[著]小泉知加子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

㈱古川土地の官民一体となった街づくり
(宮城県大崎市)


 東日本(だい)(しん)(さい)で住居を失った()(さい)(しゃ)の救済を目的とした宮城県(おお)(さき)市の災害公営住宅「古川十日町住宅」が、旧ホテル古川ゴールデンパレス跡地に二〇一五年六月に完成した。


 これで、同市が六カ所に整備していた災害公営住宅計百七十戸のすべてが完成。街なか居住による市街地活性化も一歩前進となり、期待が寄せられている。その立て役者となった株式会社古川土地・代表(とり)(しまり)(やく)(はや)(さか)(りゅう)()さんを訪ねた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1326文字/本文:1599文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次