読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1299655
0
書くのがしんどい
2
0
1
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
CHAPTER2 伝わらなくてしんどい 「わかりやすい文章」の基本

『書くのがしんどい』
[著]竹村俊助 [発行]PHP研究所


読了目安時間:32分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


「わかりやすい文章」の
たったひとつの条件

「あなたの文章はわかりにくい」

「なんだか読みにくい」

「何が言いたいのかわからない」

「もっとわかりやすく説明してくれ」



 そんなことを言われてしまうあなたのために、この章では「わかりやすい文章」「読みやすい文章」のつくり方について解説していきます。



 突然ですが、「わかりやすい文章」とはなんでしょうか?



 いろいろな定義があるでしょうが、ぼくがいちばんしっくり来ているのは、「読む速度と理解する速度が一致する文章」という定義です。


 理解が追いつかない文章だと、何度も読むはめになります。一方で、わかりきったことをくどくどと書かれるとイライラしてしまう。読みながらスーッと脳に染み込んでいくような文章が「わかりやすい文章」なのです。



 たとえば、次のような文章があります。


 適切な例が思い浮かばなかったので、テキトーに国会の答弁書から引っ張ってきました(ちゃんと読まなくてもいいです)


労働政策審議会の各分科会の委員並びに臨時委員及び専門委員は、労働政策審議会令第三条において、労働者を代表する者、使用者を代表する者及び公益を代表する者並びに障害者を代表する者のうちから、厚生労働大臣が任命することとされている。


 労働者代表委員及び使用者代表委員については、我が国の労使それぞれの代表的団体の意見を踏まえ、労働者及び使用者の利益を代表するにふさわしいかなど種々の要素を同大臣が総合的に勘案して、公益代表委員については、公益を代表するにふさわしい経験、識見を有しているかなど種々の要素を同大臣が総合的に勘案して、障害者代表委員については、我が国の代表的な障害者関係団体の意見を踏まえ、障害者の利益を代表するにふさわしいかなど種々の要素を同大臣が総合的に勘案して、適格者をそれぞれ任命している。

〈出典〉http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b196097.htm



 よくわかんないですよね?



 政治家や官僚のみなさんがやりとりするぶんには、これでいいのかもしれません。公的な文書なので、読みやすさよりも正確性を重視しているのでしょう。


 ただ、これは一般の人が読んでパッとわかるようなものではありません。「読む速度に理解する速度が追いつかない」文章だと言えます。



 この文章で言いたいのは、「労働政策審議会のメンバーは厚生労働大臣が選びますよ」ということです。そのうえで「どういう人の中から、どういう基準で選ぶのか」が書かれています。



 ぼくなりに理解して整理してみると次のようになります。


労働政策審議会の委員は、厚生労働大臣が任命します。


 大臣は、

①「労働者」を代表する人

②「使用者(経営者など)」を代表する人

③「公益」を代表する人

④「障害者」を代表する人

のなかから委員を選びます。


 これは「労働政策審議会令」の第三条に書いてあります。



 ①〜④、それぞれの選び方はこうです。

①労働者を代表する人が、労働者の代表的な団体の意見を聞きます。そして「労働者の利益を代表するにふさわしいか」などを大臣が総合的に考えて選びます。

②使用者も同じです。

③公益を代表する人は、「公益を代表するにふさわしい経験、学識や意見を持っているか」などを大臣が総合的に考えて選びます。

④障害者を代表する人は、まず、代表的な障害者関係団体の意見を聞きます。そして「障害者の利益を代表するにふさわしいか」などを大臣が総合的に考えて選びます。



 専門家ではないので、細かいところは間違っているかもしれません。ただ、大枠はこういった感じでしょう。後者の文章は、ある程度「読む速度」と「理解する速度」を一致させることができたのではないかと思います。



 前提として大切なのは、書き手が内容をきちんと理解しているということです。


 たまに、書き手自身が書く内容をぼんやりとしか把握していない場合があります。そういう人の書く文章が読みやすくなるはずがありません。書き手が理解していないものを読み手が理解できるはずがないのです。


一文は短いほうがいい


 わかりやすい文章のつくり方をひとつずつ見ていきましょう。



 まずは「一文をなるべく短くする」ということです。


 先ほどの例で言えば、


労働政策審議会の各分科会の委員並びに臨時委員及び専門委員は、労働政策審議会令第三条において、労働者を代表する者、使用者を代表する者及び公益を代表する者並びに障害者を代表する者のうちから、厚生労働大臣が任命することとされている。



 は、長すぎます。一文が長すぎる。よって、いくつかに分けます。すると、


労働政策審議会の委員は、厚生労働大臣が任命します。


 大臣は、①「労働者」を代表する人、②「使用者(経営者など)」を代表する人、③「公益」を代表する人、④「障害者」を代表する人のなかから委員を選びます。


 これは「労働政策審議会令」の第三条に書いてあります。



 と3つの文に分けられます。


 別の例を出しましょう。たとえばこんな文があったらどうでしょうか?


国境の長いトンネルを抜けると雪国だったんですけど、夜の底が白くなったころに信号所に汽車が止まって、向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落すと、雪の冷気が流れこみました。



 途中から理解が追いつかなくなって「ちょっと何言ってるかよくわからない」状態になったのではないでしょうか?


国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。


 向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。

(川端康成『雪国』より)



 一文は短いほうが理解しやすいですし、リズムができて読みやすいことがわかるでしょう。「国境の長いトンネルを抜けると雪国であったのだが……」とダラダラ続くと、なんだか歯切れも悪いし、疲れてしまいます。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:13427文字/本文:15859文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次