読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1300150
0
ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
文庫化に寄せて

『ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法』
[著]ちきりん [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 単行本の『ゆるく考えよう』が発行されたのは2011年の1月末、日本中を震撼させた東日本大震災の一ヶ月半前でした。そしてそのさらに3ヶ月前、私は朝から晩まで(時には休日まで)働き続ける生活に疑問を感じ、長く勤めた外資系企業を退職して、新しい働き方を模索し始めていました。


 若者人口が大幅に減少し、税金や社会保障の負担もどんどん重くなる中、従来通り、「とにかく頑張れ」といった精神論だけでは、誰もが疲弊するばかりだと感じたからです。仕事やお金や人生設計に関して、もっと自由に発想し、もっと合理的に判断できれば、今という時間を楽しむことを、もっと優先する生き方ができるはず。そう考えてこの本を書きました。



 本のタイトルには、既成概念に囚われるのはやめよう、社会の常識とされていることであっても、そのまま無条件に受け入れる必要はない、私たちはひとりひとり違うんだから、ちょっとくらい“ゆるく”考えてもいいじゃないか、という思いが込められています。


 すべての人が家を買う必要もないし、成長するために頑張り続ける必要もありません。結婚はしてもしなくてもいいし、誰もかれもが人脈だのネットワークだのを築くために、必死になる必要もないでしょう。


 そうではなく、毎日を気分よく楽しく過ごし、おいしいものを食べて、できる限り長い時間を自分の好きなことに使って過ごしたい。それを実現するためには、世間で言われる「あるべき論」も、ちょっとだけゆるく解釈すればいいじゃないか。これが私の基本的な考え方です。



 この本を出した後、私は『自分のアタマで考えよう』『世界を歩いて考えよう!』『未来の働き方を考えよう』と「考えよう」をキーワードとした書籍を3冊(本書を含めて4冊)出しています。


 最初から揃えようと計画していたわけではないのですが、初著であった『ゆるく考えよう』が思いがけず多くの方に受け入れられ、その後の書籍の方向性を決める、記念すべきタイトルとなりました。



 今回、文庫化にあたって本書を読み直し、自分の考えが当時と全く変わっていないことを再認識しました。むしろ以前より自信をもって皆さんに、「ゆるく考えよう」と呼びかけたいと思います。


 世の中はグローバリゼーションやIT革命など激変の様相を見せていますが、こういう時ほど個々人にとって大切なのは、「自分は何をしていたら楽しいのか」という自分目線の価値観です。


 そういった視点がなければ、私たちは容易に流され、知らず知らずのうちに自分のためではなく、誰かのため、社会のために生きることになってしまいます。



 本書には概念的な考え方だけではなく、具体的で実用的な思考ツールも数多く盛り込んでいます。「人生設計のための3×3分割図」や、重要な意思決定の際に使える「一点豪華基準」などは、きっと多くの方のお役にたてるでしょう。


 保険についての考え方や、継続課金のサービス、不動産取得時の金利など、身近な具体例を使いながら、お金との賢いつき合い方についても説明しています。こういった考えを取り入れることで、より多くの方が「将来のために我慢するのではなく、今を楽しむ生活」を手に入れられると思います。



 文庫化されることで、この本がさらに広く多くの方のお手元に届き、すこしでも「世間のあるべき論」の呪縛から逃れるきっかけとなってくれたら、著者として心より嬉しく思います。


 また、本書が気に入ってくださった方は、ぜひ社会派ブログ「Chikirinの日記」(https://chikirin.hatenablog.com/)と、家電から生活雑貨まで、お気に入りのグッズを徹底レビューしたお買い物ブログ「ちきりんセレクト」(https://chikirin-shop.hatenablog.com/)もご覧いただければと思います。


ちきりん

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1576文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次