読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1300560
0
スピリチュァリティ・カウンセリング 人を救う真の奇跡とは?
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
著者紹介

『スピリチュァリティ・カウンセリング 人を救う真の奇跡とは?』
[著]飯田史彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

飯田史彦(いいだ ふみひこ)


 1962年、広島県生まれ。経営心理学者、カウンセラー、いのち作家、音楽療法家。1990年より2009年3月までの19年間、福島大学経済経営学類の助教授・教授を務め、東北大学大学院、筑波大学大学院などでも開講。2009年3月末で教授職を辞し、8月には、長年の夢であった、「誰のいかなる悩みに対しても、飯田自身が2時間をかけて無償でカウンセリング&スピリチュアル・ケアを行う」という画期的な施設、「飯田史彦スピリチュアル・ケア研究所《光の学校》」を設立した。



 著書に、170万部を超えるベストセラーとなった「生きがい論」シリーズとして、代表作『[決定版]生きがいの創造 ~スピリチュアルな科学研究から読み解く人生のしくみ』(PHP研究所・2006年)、『生きがいの創造 Ⅱ ~永遠の愛・めぐり逢う生命』(PHP文庫版・2007年)、『生きがいの創造Ⅲ~世界標準の科学的スピリチュアル・ケアを目指して』(PHP研究所・2007年)、『[総解説]生きがいの創造~秘話で読み解く「生きがい論」の一三年間』(PHP研究所・2009年)、『ツインソウル ~死にゆく私が体験した奇跡』(PHP研究所・2006年)、『教授の恋 ~彼はいかにして運命の人を探し出したか?』(PHP研究所・2008年)をはじめ、『生きがいの音楽療法~「つながり感」がもたらす奇跡のスピリチュアル・ケア』(PHP研究所・2008年)、『ソウルメイト ~「運命の人」についての七つの考察』(PHP文庫版・2009年)、『愛の論理 ~私たちは、どこまで愛せばゆるされるのか?』(PHP文庫版・2002年)、『生きがいのマネジメント ~癒しあい、活かしあう生き方へ』(PHP文庫版・2000年)などがある。


 その他に、『スピリチュァリティ教育のすすめ ~「生きる意味」を問い「つながり感」を構築する本質的教育とは』(共著、PHP研究所・2009年)、『松下幸之助に学ぶ人生論 ~「経営の神様」が語る人生・天命・宇宙』(PHP研究所・2008年)、『永遠の希望 ~エヴェレスト登山に学ぶ人生論』(PHP研究所・2007年)、『生きがいの本質』(PHP文庫版・2004年)、『生きがいの探求』(PHP研究所・2004年)、『生きがいの教室』(PHP研究所・2004年)、『生きがいのネットワーク』(PHP研究所・2003年)、『生きがいの真実』(PHP研究所・2003年)、『ブレイクスルー思考』(PHP文庫版・2002年)、『人生において「会社」とは何か』(PHP文庫)、『人生の価値』(PHP文庫)、『親と子で語る人生論』(PHP文庫)、『大学で何をどう学ぶか』(PHP文庫)、『生きがいの言葉』(PHP研究所)、『生きがいの宝箱』(PHP研究所)、『日本的経営の論点』(PHP新書)、『車椅子父さんの絵日記』(共著、PHP研究所・2008年)、『生きがいの催眠療法』(共著、PHP研究所)、『生きがいの女性論』(対談、PHP研究所)、『絵物語・生きるということ』(共著、PHP研究所)などがある。学術論文・論説など多数。



 長年にわたり、各地の医療・福祉・教育機関などからの依頼に応じ、「人生の意味や価値」に関する講演を行ってきた。医師の学会・研究会や看護協会での講演も多数にのぼり、医師会の正式な単位認定講座にも指定された。ひとりの研究者として、あらゆる思想・宗教団体からの中立を守っている。


 毎日数千人の愛読者が訪れるホームページ、「飯田史彦研究室へようこそ!」のURLは、下記のとおり。

http://iidakenkyusho.jp/

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1512文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次