読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1300748
0
人生を豊かにする法則
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
否定とアファメーション

『人生を豊かにする法則』
[著]フローレンス・スコヴェル・シン [訳]牧野・M・美枝 [発行]PHP研究所


読了目安時間:15分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

あなたが決意することは成就する」



 人の人生に現実化されることになっているあらゆる善は、天のマインドの中ではすでに達成された事実です。人がそのことを認識することによって、あるいは言葉を語ることによって、それらは解放されます。ただし、人は天の考えのみが現実化するように注意深く命令を下さなければなりません。なぜなら、「何気ない言葉」によって失敗や不運を命じてしまうことがよくあるからです。


 ですから、自分の要求することを正しく言葉にすることは、とても大切なことなのです。これは前述の章でもお話ししました。


 家や、友人、仕事あるいはその他何でも良いものを望むならば「天が選んだ」ものを要求しなさい。たとえば「大いなる無限の聖霊よ。私に適切な家、適切な友人、そして適切な仕事がやって来る道を開いてください。それが今、恩恵のもとに完璧な方法で現実化することに、感謝を捧げます


 この後半の言葉はとても大切です。その例を示すと、私の知っているある女性は、千ドルを要求しました。すると彼女の娘がケガをして、その賠償金として千ドルを受け取りました。それは「完璧な方法」ではやって来なかったのです。彼女はこんなふうに要求すべきでした。「大いなる無限の聖霊よ。天の定める権利によって私のものである千ドルが今解き放たれ、恩恵によって完璧な方法で私のもとにやって来ることに感謝を捧げます」


 人は経済に対する意識が発達するにつれ、天の定める権利によって自分のものである膨大な額のお金が、恩恵のもとに完璧な方法でやって来るよう要求すべきです。


 人にとって、その人が可能だと思える以上の額を解放するのは不可能です。というのも、潜在意識が予期する限られた額に拘束されてしまうからです。より大きく受け取るには、自分が可能だと思える範囲を広げ、潜在意識の予期することを拡大しなければなりません。


 人は要求をする時に、自分を制限してしまうことがしばしばあります。たとえばある生徒は、ある日までに六百ドルを要求しました。彼はそれを受け取りましたが、その後こんなことを聞きました。彼はもう少しで、千ドルを受け取るところだったのです。ところが六百ドルと言葉を語ったために、与えられたのはその額だけになりました。

彼らは、イスラエルの聖なる方に制限を与えた」


 富というのは意識の問題です。フランスには、このことを示す伝説があります。ある貧しい男が道を歩いていると、旅人に会いました。その旅人は男を呼び止めるとこう言いました。「あなたは貧しいようだ。この金塊を持って行って売りなさい。そして、これからずっと豊かに暮らしなさい」


 男はその幸運に有頂天になり、金塊を家に持って帰りました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:6108文字/本文:7227文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次