読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1301170
0
狙ったオトコを確実にしとめる オンナ・バリューの高めかた(大和出版)
2
0
32
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
女は“見た目”が9割

『狙ったオトコを確実にしとめる オンナ・バリューの高めかた(大和出版)』
[著]勝倉千尋 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
32
| |
文字サイズ



 これはたいていの女性にとって不都合な真実かもしれない。


 でもね、私は、みなさんのオンナ・バリューを上げる使命がある……。


 だから、これだけは、どうしても言わねばなりません。


「恋愛において、女性は、見た目が9割」

「男性は、美女が大好き」

「『ヤリたい!』と思われなきゃ、恋の花は咲かない」



 あー、ヤダヤダ!



 もーね、身も蓋もなさすぎてイヤになっちゃうんですけど、これがまごうことなき現実です。


 誤解のないように先に言っておきたいのですが、これは、

「超絶美女であれ」

「顔の造形のいい女性以外は恋愛ができない」


 ということではありません。


 とはいえ、男性は、見た目にグッとこないことには、どうにもハートに火がつかない生き物というのも本当です。


 実際、「顔は気にしません」と言っている男性のマッチングアプリを見せていただくと、たいてい可愛い子ばかりに「いいね」しているのです!



 なので、恋愛をしたいなら、結婚したいなら、本命になりたいなら。


 あなたの見た目バリューを、限界まで向上させる必要があります。


 そもそも、「恋したい♡」と言っているのに、


 髪はボサボサ


 服はダボダボ


 腹はブヨブヨ


 靴はボロボロ


 だなんて、はっきり言って意味がわかりません。


 やる気あるんでしょーか?



 特に、女性が大好きな、

・顔よし

・年収よし

・コミュ力よし


 な、ハイスペック男性なんて、女性を選び放題なわけです。


 そりゃあ、見た目も可愛い女性が有利に決まっています。


 わざわざおブスを選ぶ理由がないからです。


 少女漫画では、「学校一のモテ男が、並み居る可愛い女子には目もくれず、ぱっとしないヒロインに一目惚れ」みたいなストーリーがありがちですが、あれはあくまでドリームです。


 商業用の夢ですから、真に受けてはいけません。



 しかし、世の中の女性向けモテ本にさえ、

「男性のイイところを褒めて……」

「聞き上手な女になって……」

「手料理で家庭的なところを演出して……」


 というように、内面性のアピールが一番効果的かのように書かれているものが多いんですよね。


 でも正直、「ちょ、嘘つけよ!」という感想しかありません。


 そんなモテテクは、見た目バリューの向上をサボっている女性に希望と夢を与える、ただの慰めです。


 だってどんなに褒め上手だろうが、性格がよかろうが、筑前煮をおいしく作れようが、そんなもんは「見た目」という価値の前にはもろくも崩れ去るんだもの。


 というよりも、見た目に及第点をもらえなければ、褒める機会も、手料理を食べさせる機会も回ってこない、と言ったほうが正しいかもしれません。




 私は、自社でマッチングサービス「バリマッチ」を運営しています。


 そこでは、事前にうかがった希望条件を元に、異性をご紹介させていただき、その中から気になる方にマッチ希望を出すシステムなのですが……。


 男性に女性をご紹介する場合、希望条件が合っているかよりも、見た目が可愛い順にマッチ希望が入ることがとても多いです。


 なんなら、条件は合っていても、外見が気に入る女性がいないと「マッチ希望すらしない(!)」ということすらあります。


 オイ! アナタさ、「自立して経済力のある女性がイイ」っちゅーたやんけ!


 東大卒・年収1000万円女性がここにいるやんけ!



 なんで選ばへんのや!



 と突っ込みたくなるのですが、男性の女性の選び方を観察していると、


 ① まず外見が好みかをチェック


 ② その他の条件をチェック


 という要領で、見た目を足切りラインとして設定している様子です。


 つまり、いくらその他の条件がよくても、「見た目が微妙だと食指が伸びないし、逆に好みだと、ちょっと無理してでもゲットしたい!」となるようです。


 女性は男性を選ぶときに、学歴や収入など、ほかにも要チェック項目があると思うのですが、男性は外見を最重要視すると覚えておいてください。



 だから、見た目バリューを、自分ができる極限まで上げるのは、本命として愛される「オンナ・バリューの高い女性」たるもの、最低限やるべきことです。


 もちろん、男性もバカではないので、外見だけで本命を選ぶわけではありません。


 しかし、本命となるには、外見の足切りラインを超えないと話になりません。


 逆に、そこで男性をグッと惹きつけられれば、その後の展開が女性にとても有利になって、いいことづくめです。



 超絶美女である必要はありません。


 しかし、女性の磨くべき第一優先は、外見です。


 見た目バリューの向上をサボってほかの努力をしても、ほとんど無意味だということは、しっかり覚えておいてくださいね。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
32
残り:0文字/本文:1912文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次