読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1301937
0
120歳まで「悩まず」に元気に生きる方法(KKロングセラーズ)
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
四月 体の中に眠る才能探しをしよう

『120歳まで「悩まず」に元気に生きる方法(KKロングセラーズ)』
[著]浅川雅晴 [発行]PHP研究所


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



四月は懐かしい思い出が帰ってくる



 人はなぜ、桜が美しく咲くのを心待ちにするのだろう。


 日本は、その月々の楽しみがあり、素晴らしい国である。桜が咲くと厚いコートを脱ぎ、体も心も軽くなる。


 桜の花が好きな人には申し分けないが、僕の心の中は、「桜の葉が秋に黄色、オレンジ色、茶色に紅葉する」、それが楽しみなんです!


 なぜ、秋の紅葉のほうが好きなんだろう! 心に尋ねると、桜の季節は受験戦争の余韻が残っている。頭がボ~としている。人が笑ってはしゃいでいるのが、不思議になった思い出がある。


 楽しいことに(えん)が薄い自分を感じることが情けないのだが、朝起きれば、勉強、夜も勉強。夜食で、ひとりチキンラーメンを作る時が唯一密かな楽しみだった。そのせいか、人と同じように楽しめない、へそ曲がりになったのだろう。


 桜の季節は、自分の心と向き合ってしまうのが辛いから、いつしか紅葉の方が好きになってしまった。でも桜は人それぞれ懐かしい思い出があるに違いない。


桜の花は(すご)



 どうして桜は人の心をとらえるのだろう。桜の花は「亡くなった人達の優しい心が詰まっている」と思う。


 桜の花は下を向いて咲く(亡くなった人)。


 人は顔を上げて花を見る(人を見守っている)。


 だから、桜の花には多くの思い出が詰まっているんだろう。僕なりの物語を作って、独り楽しんでいる。


 桜の花は(すご)い!


 花が散って一四日目に、桜は来年に咲く花を幾つ咲かせるのかを決めるのだという。凄い!


 生命体をもつものは、全て見えない所で次の予定が組み込まれているからで、女性の生理も決まった日に来る。だが、女性にストレスがかかると、決まった日に生理が来ない。


 桜の樹だって、地面を人が踏み過ぎたり、動物に皮を削られたりするストレスがかかる。そうなると次の年、桜の花は予定通りの数を咲かせない。


 人も樹も生きているものには、優しくしなくてはならない。人が人をイジメるなんてあってはならない。


 自分が生きていられることを、当たり前と思っている。そこに間違いがある。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4729文字/本文:5587文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次