読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1301942
0
120歳まで「悩まず」に元気に生きる方法(KKロングセラーズ)
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
九月 若返りをめざそう

『120歳まで「悩まず」に元気に生きる方法(KKロングセラーズ)』
[著]浅川雅晴 [発行]PHP研究所


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



球根に生物時計がある彼岸花が咲く時



 残暑を残しながら涼しく、淋しげな風が吹く。夜空を見上げると月がとても美しい。(くさ)(むら)でコオロギが鳴いてくる。なぜ九月になるとコオロギが鳴くのだろう。


 (きつね)(ばな)、「マンジュシャゲ」とも言うが、九月一八日から九月二一日に咲く真っ赤な花がある。お彼岸に咲くから「彼岸花」とも言う。眩しいほど真赤で狐にだまされたような色合いで、まるでこの世の赤ではないようだ。どこから狐花と言うようになったんだろう。


 子供の頃から「きまって九月一八日~九月二一日頃花を開かせる。別に九月一〇日だって良いのに?」と不思議に思っていた。

●狐花───球根が玉ねぎみたいになっている。球根に生物時計があり、次に咲く時刻を花が咲き終わってから二週間で決めている。

●彼岸花──球根の上に線香のように真っすぐ伸び、その上に火をつけた形で真赤な花を咲かせる。彼岸の墓参りを忘れるなと言わんばかりに咲く!


 お墓参りが終わる。一週間後には彼岸花は美しさの形跡もない。その後、葉が出てくる。太陽の恵みをもらい球根に栄養を蓄える。


 時計など持っていないのに、彼岸花は九月二一日に咲くことが不思議だったが、なんだ! 球根に生物時計を持っていたんだ! 狐にだまされたみたいな彼岸花。



 僕の個人の感情で申し訳ないが……五月ぐらいから、秋が来るのを心待ちにしている。犬がいるので、夏は散歩も限られた時間でしかできない。早く秋が来ないかなあ~、と心待ちにしている。だから、彼岸花を見るとほっとしてしまう。


 誰にも話せない、恥ずかしい、ひとりだけの秘密がある。夏は暑くって暑くってウチの犬は、腹を天上に向け「チンチンも肉球も見える」姿勢で寝ている。見るたび、クスクスと笑いがこぼれる。親馬鹿である。


前ぶれなく老いは訪れる



 人は、二五歳を過ぎると、肌の衰えが始まる。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4370文字/本文:5153文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次