読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1302011
0
美とリベラルアーツ 美意識を高め、創造性を育む
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第二章 『ハムレット』 人間とは何だ

『美とリベラルアーツ 美意識を高め、創造性を育む』
[著]阿部博人 [発行]PHP研究所


読了目安時間:19分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 シェイクスピアは「万の心を持つ」作家と言われ、ゲーテは偉大な心理学者と評します。シェイクスピアの演劇は大きく悲劇、史劇、喜劇、あるいはロマンス劇に分けられますが、本章では悲劇の『ハムレット』を取り上げます。

『ハムレット』は『オセロー』『リア王』『マクベス』とともに四大悲劇の一つで最初に書かれた作品であり、シェイクスピア悲劇の最高峰とされます。『ハムレット』は「文学のモナ・リザ」とか「演劇のスフィンクス」と呼ばれ、世界史上の偉大な作品であり、解き難い謎に包まれていると評されています。


 ゲーテのほか、多くの文学者、作家、心理学者などが『ハムレット』を論じ、自らのハムレット作品を描いています。注釈書も数多く、注釈書を読み始めると『ハムレット』にたどり着けないと言われるほどです。


 夏目漱石はロンドン留学もあってシェイクスピアに大きな影響を受け、その作品に度々、登場させています。『吾輩は猫である』では、吾輩の猫が、「セクスピヤも千古万古セクスピヤではつまらない。(たま)には股倉からハムレットを見て、君こりゃ駄目だよ位に云う者がないと、文界も進歩しないだろう」と言います。


『ハムレット』のあらすじ

デンマーク王子ハムレットの父王が、突然、死にます。父王の弟である叔父クローディアスが王位に就き、母ガートルードは新王と再婚します。新王即位と結婚の儀の晩、ハムレットの眼前に父の亡霊が現れ、クローディアスに毒殺されたことを告げ、復讐を命じます。ハムレットは狂気を装い叔父が父を殺したことの確証を得ようとし、復讐の機会を狙います。宰相ポローニアスは王子狂乱の原因を探ろうとし、偶然ですが、ハムレットに殺されます。ハムレットの恋人であるポローニアスの娘オフィーリアは、ハムレットの変貌と父の死がもとで狂死します。クローディアスとポローニアスの息子レアティーズはハムレット殺害をもくろみ、毒の剣と毒杯を用意し、ハムレットとレアティーズは剣による試合をします。王妃は誤って毒杯を飲んで死に、レアティーズは自ら毒の剣に傷つき王の悪事を暴露し死にます。ハムレットは杯に残った毒をクローディアスに飲ませて殺し、自分も毒の剣に傷ついて命果てます。主要人物の皆が死んで、悲劇の幕が下ります。


 先に歩哨に立っていたフランシスコが、交替に来たバナードーに逆に「誰だ?」と問われ、フランシスコは「なにっ、答えろ! 動くな、名を名乗れ」と応じます。この関係性と役割の転倒が、この芝居で起きる不条理を暗示しています。小さくともインパクトのある幕開けのセリフで、シェイクスピアの創造性を感じ取ることができます。


 ハムレットの問いかけとは、結局、「人間とは何だ?」(What is a man. 第四幕第四場)ということです。本章では『ハムレット』は河合祥一郎訳を、その他は松岡和子訳を引用させていただきます。(注一)


 ハムレットは、「ただ食って寝るだけで人生のほとんどを費やすとしたら? (けだもの)と変わりはない。神は我らに、前を見通し、うしろを見返す大きな思考力を授けたもうた」(第二幕第四)と人間をとらえ、そして、次のように人間を讃えます。人間の素晴らしさは、思考力と理性、善、美です。



 人間はなんとすばらしい自然の傑作だろう。その理性の()(だか)さ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:7671文字/本文:9060文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次