読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1303874
0
「孤独ちゃん」と仲良くする方法(大和出版) 「さみしいのは私だけ?」と思っているあなたへ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
誰の心の中にも「孤独ちゃん」がいる はじめに

『「孤独ちゃん」と仲良くする方法(大和出版) 「さみしいのは私だけ?」と思っているあなたへ』
[著]古山有則 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 あなたは、「孤独」と聞いて、どんなことを思い浮かべますか?

「好きな人や友人から連絡が返ってこなくて、寂しさを感じる」

「SNSで充実している人を見て、自分だけ取り残されている気持ちになる」

「誰とも会話せず1日が終わって『ずっとこんな日が続くのかな』と不安でいっぱい」


 焦りや虚しさ、落ち込み、無力感……まだまだあるかもしれませんね。


 本書でいう「孤独」も、このようなことを指しています。


 この「孤独」を放置すると、どうなると思いますか?


 輝いている人に嫉妬をし、自分を責めたり、ありのままの自分を認めることができなくなって、自分に自信なんて持てなくなる……。


 挙句の果てに、「私は私でいいんだ」と思えなくなり、つねに不安を抱えつづけることになってしまいます。


 もしかしたら、あなたも、そんな気持ちになったことがあるかもしれませんね。


 でも、どんなに「孤独」を感じても、前向きになれる方法があるとしたら、知りたくありませんか?




 はじめまして、メンタルトレーナーの古山有則です。


 私はかつて、ストレスで1ヶ月で15㎏やせて、円形脱毛症ができたことがあります。すべてがうまくいかなくて、未来も描けず、孤独感にさいなまれていました。


 そんなとき「孤独ちゃん」の存在を知ったのです。


 この「孤独ちゃん」というのは、心の中に住む本当の自分の姿。

「本当は寂しいんだ」「本当は不安なんだ」という自分の声だとわかりました。


 同時に、それを発見したことで心がなぜか軽くなることにも気づきました。


 さらに、「孤独ちゃん」を受け入れ、仲良くすることで、今まで知らなかった自分を見つけられ、ネガティブな気持ちが消え、毎日が楽しくなっていったのです。


 それだけではありません。


 その後も「孤独ちゃん」と仲良くなる方法を次々と編み出し、実践した結果──。


 あれほどつらかった毎日が変わり、何があってもしなやかに生きられる「強さ」を身につけることができたのです。


 現在は、メンタルトレーナーとして、このような経験を生かして、電話・対面・note・オンラインサロン・SNSなどを通して、「あなたが今、どんな状況・状態だったとしても価値がある」というメッセージを伝えています。


 でも、日々、クライアントと接していて痛感するのは、みなさん、「孤独ちゃん」と向き合うことに、難しさを感じているということです。


 私は、そのような方に、こんなアドバイスをしています。

● ときには季節のせいにする

● 早く寝て、早く起きる

● 水曜日はご褒美dayにする

● SNSで「第三の居場所」をつくる…… などなど




 ここまでを読んで、「早く寝て、早く起きる? そんな当たり前なこと、言わないでください!」と思われるかもしれません。


 詳しくは本文で明かしていきますが、これらにはコツがあり、それを押さえることで、孤独ちゃんがあなたを「生きづらさ」から救ってくれます。


 今、もしあなたが寂しさを感じていたとしても、安心してください。


 孤独ちゃんは、味方であり、仲間、親友。あなたをおびやかす敵ではありません。


 本書では、そんな「孤独ちゃん」と仲良くする方法について、たっぷりご紹介していきます。



 ここで少しだけ、これらの方法を実践したクライアントからの「喜びの声」をご紹介しましょう。

「彼氏と別れてから、充実感のない毎日を過ごしていました。でもこのままじゃいやだと思い、古山さんのメントレを受けることに。すると、『孤独ちゃん』と向き合う方法がわかり、今では、『最近イキイキしてるね!』と言われるようになりました」

「私は、コロナをきっかけに、寂しさを抱えるようになり、古山さんと出会いました。古山さんの一言で、私のなかの『孤独ちゃん』と上手に付き合う方法を知ることができたんです。今では、本当にやりたいことが見つかり、現在、チャレンジ中です!」



 孤独なんて、どうにもならないもの……。


 もう、そんな思いは手放しませんか?


 私自身も、私のクライアントも、みんな同じように悩みを抱え、そして「孤独ちゃん」と仲良くなって、乗り越えてきました。


 ぜひ、あなたも本書を通して、あなたの「孤独ちゃん」と出会い、充実した毎日を送れるようになってほしいと思います。



茨城県・土浦の書斎から 古山有則

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1757文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次