読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1303876
0
「孤独ちゃん」と仲良くする方法(大和出版) 「さみしいのは私だけ?」と思っているあなたへ
2
0
1
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
01 「孤独を感じないようにする」をやめる

『「孤独ちゃん」と仲良くする方法(大和出版) 「さみしいのは私だけ?」と思っているあなたへ』
[著]古山有則 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


「誰とも話さないでひとりで1日を過ごしていると、いつも不安になります。寂しい気持ちを感じないようにするにはどうしたらいいですか?」


 とよく相談を受けます。


 多くの人は、「寂しさ」、つまり「孤独ちゃん」を悪いものやネガティブなものだと思っています。


 でも、メンタルトレーナーの私は、寂しさを悪いものだと思っていません。


 寂しさは誰もが感じるもので、決して悪いことではないからです。


 私は10歳の頃からずっと野球をやっていました。


 高校1年生のとき、軟式野球部に所属して、母校初の全国大会出場、国体優勝を経験したのですが、怪我をきっかけに、燃え尽き症候群になってしまいました。


 そのとき私は、

「自分だけ、時計の針が止まってしまったんじゃないか」

「世間から私だけが取り残されているんじゃないか」


 などと不安になって、胸が張り裂けそうになったんです。


 この状況を打開したくても、どうすればいいのかわからず、途方に暮れていました。



 寂しさを抱えたとき、まず大事なのは、「外」に目を向けるのをやめることです。


 私たちはつい、友人や世間と自分を比べてしまいがちです。


 つまり、「外」に目を向けて、誰がどこに旅行に行っているか、誰がどんな会社に勤めているかなどをつい気にしてしまうものですよね。


 でも、それでは「寂しさ」とうまくやっていくことはできません。


 ベクトルを「外(=他人)」ではなく「内(=自分)」に向ければ、寂しさの原因ときちんと向き合うことができます。


 これは、寂しさをネガティブではなく、ポジティブにとらえるという考え方です。

「内」に目を向ける、つまり、

「なぜ私は寂しさを感じているんだろう?」


 と自問自答をしてみるのです。


 たとえば大学時代の私は、寂しさを感じていた原因を、肩の怪我によって大好きな野球ができなくなったからだと思っていました。


 でも、より寂しさとしっかりと向き合うために、ただ頭の中だけで考えるだけではなく、ノートに書き出すことにしました。

「なぜ私は寂しさを感じているんだろう?」


 と、自問自答し、

「肩を壊しても球を打つことはできる。野球ができないわけではないのに、この心に引っかかる気持ちはなんなんだろう……」


 と、さらに自分との対話を深めていったのです。


 その結果、寂しさの本質は、「野球が下手な自分を認めることができなかったからだ」とわかりました。


 先ほども書いたように、私は高校1年生で国体で優勝しました。


 そのちっぽけなプライドが邪魔していたのです。


 国体で優勝しているのに、周りの人に下手だと思われることが怖かった……。


 この本音に気づいてから、「本当に下手だと笑われるのかな?」と考え、プライドを守ることよりも、野球を楽しむことを優先するようにしました。


 そして、野球は、部活としてではなく、居場所として楽しめるサークルに入り、やがて気の合うメンバーのおかげで楽しくプレーできるようになったのです。


 あのときのメンバーには感謝してもしきれません。


 あなたも、このように寂しさを感じたら、自分と向き合う機会だと考えてみてください。


 恋愛で悩んでいる大学生のある女性は、寂しさを感じる理由を「彼氏から嫌われているから」だと思っていました。


 また、職場の人間関係で悩んでいる30代の女性は、寂しさを感じる理由を「上司が自分のことを正当に評価してくれないから」だと思っていました。


 こんなふうに、「寂しい」という感情は同じでも、理由や原因は十人十色。


 寂しさは、本音と向き合うための自己理解のひとつだと位置づけてみましょう。

「寂しい」という感情に蓋をして、見て見ぬふりをするのは簡単です。


 でも、別のことで紛らわせて瞬間的に満たされても、解決にはつながりません。


 寂しさは虫歯と同じです。


 薬を飲んで痛みを感じなくなっても、虫歯が直ったわけではありません。


 根本的に完治するには、歯医者さんに治療してもらうことが必要ですよね。


 寂しさを感じても、その原因と向き合わなければ、心の隙間は埋まりません。


 無駄な感情なんてありません。


 今この瞬間から「寂しさは自分を変えるチャンス」というポジティブな感情にとらえ直していきましょう。


not feel lonely


寂しさは、自分と向き合ういい機会。

寂しさを悪だと思う人もいるけれど、

そんなことはありません。

無駄な感情はひとつもないから、

自分の中の「孤独ちゃん」をかわいがろう。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:0文字/本文:1821文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次