読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1303909
0
「孤独ちゃん」と仲良くする方法(大和出版) 「さみしいのは私だけ?」と思っているあなたへ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
どんな状況でもあなたは今から変わることができる おわりに

『「孤独ちゃん」と仲良くする方法(大和出版) 「さみしいのは私だけ?」と思っているあなたへ』
[著]古山有則 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 最後まで読んでいただきありがとうございます。


 ここで、私が一番伝えたい、「あなたが今、どんな状況・状態だったとしても価値がある」ということについてお伝えしたいと思います。


 あなたが今、本書をどのような状況で読んでいるのか、私にはわかりませんが、どんなにどん底で絶望を感じていたとしても、私は価値があると信じています。


 そう、大切なのは、「どんな状況・状態だったとしても」という部分なのです。



 本書を執筆していくにあたり、過去に抱えていた寂しさを思い返しました。


 大学生の頃、休日誰とも人に合わず、深い溜息を漏らしながら「これからどうしよう……」と落ち込んだり、会社員のとき残業が多くて「あと数時間後には、会社に出勤しなければならない」と精神的に追い込まれていたりしたことも今ではいい思い出です。


 今ではそれさえも、ポジティブな意味があると信じることができます。



 同じように、私がサポートしているクライアントも、はじめはものすごくネガティブだったとしても、次第に「今が人生で一番楽しい」と言えるように、イキイキするようになります。

「こんなに変われるんですね! もっと早くメントレを受けたかった」


 とありがたいことに言っていただけています。


 幸せです。


 このようにクライアントにかかわらせていただくことで、人が持つ無限の可能性を確信できるようになりました。


 変わるのに、年齢は関係ありません。



 あなたは、親や上司、友人など、身近にいる人を、味方だと思っていますか?


 敵だと思っていますか?


 上司に「〇〇したほうがいいよ」と言われたとき、味方だと思っていれば「アドバイスをもらった」と思えますが、敵だと思っていれば「否定された、責められた」と思うものです。


 相手の言葉は同じですが、受け取り方が変わってきます。


 もしかしたら、寂しさを作り出しているのも、あなたが周りの人を敵だと思っているからかもしれません。


 かつて私は敵だと思っていたので、バカにされたり、笑われたりされるのが怖くして仕方がありませんでした。


 弱い自分を出せなくて当然だったのです。


 でも、周りの人を「味方」や「大好き」だと思えるように変えていきました。


 すると、今まで抱え込んできた本音を言えるようになり、一切我慢なく、良質なコミュニケーションを取ることができるようになりました。


 それくらい、自分がどのような姿勢で人やものごとにかかわるのかが大切なのです。


 これは学校や会社では教えてもらえません。


 あなたも周りの人を「味方」や「大好き」だと思ってみてください。


 コミュニケーションの質が向上すれば、寂しさを感じることも減るでしょう。



 本書にはあなたに変化をもたらすエッセンスを詰め込んでいます。


 ひとつでもあなたがアップデートするきっかけになり、未来の自分を信じられるようになることができたら、とても嬉しいです。



 古山 有則

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1197文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次