読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1304011
0
小部隊指揮官バイブル いかに部下を統率し、目標を達成するか?
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
POINT2-7 迎撃と反撃

『小部隊指揮官バイブル いかに部下を統率し、目標を達成するか?』
[著]柘植久慶 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 敵が主導権を握った戦闘は、初期の段階で迎撃しておいてから、いかに反撃に転じるか、そこが大きなポイントとなってくる。これはヴェトナム戦争において、アメリカ軍の前進基地が日常的に展開していた、戦闘のパターンであった。


 山岳民族の人里離れた集落に陣地を構築し、そこへ特殊部隊の一ティーム──一二人が派遣され、ヴェトコンや北ヴェトナム軍と戦う、という方式だ。これは南ヴェトナムの領内に、実に数多く設けられていた。


 ここを出撃拠点として、程遠くないホーチミン・トレイルなどへ向かい、ときに積極攻勢を見せることもあった。しかしながら大半の戦闘のケースは、敵が主導権を終始にわたって握ったもので、対応一つで後手を踏むことも少なくなかった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2470文字/本文:2783文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次