読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-2
kiji
0
0
1304019
0
小部隊指揮官バイブル いかに部下を統率し、目標を達成するか?
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
POINT3-4 砂漠の戦闘

『小部隊指揮官バイブル いかに部下を統率し、目標を達成するか?』
[著]柘植久慶 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 砂漠は自然環境のなかでも、極地や熱帯のジャングルと共に、最も過酷な場所である。しかしながら戦闘はこうした土地をも避けては通らない。


 夏の砂漠は最高気温が摂氏六〇度近くに達し、夜には一〇度台からときにそれを割りこむことがある。私がこれまで経験した最大の温度差は、サハラ砂漠における最高五五度、最低五度という、驚くべき一日の差だった。


 このため〈モロッコ〉とか〈ボージェスト〉という、外人部隊を描いた映画において、外人部隊兵たちはコートを着ているのだ。高温の下でも湿度が〇パーセントに近いため、汗をかかないので問題はない。


 砂漠を行軍していて最大の問題は、やはり飲料水の補給が思うに任せない点だろう。伏水流が窪地などに姿を見せる、オアシスしか頼りにならないのである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2753文字/本文:3085文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次