読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
職場で攻撃してくる上司・先輩への上手な対応
イチオシ本

職場で攻撃してくる上司・先輩への上手な対応

どんな職場でも関わるのが面倒で攻撃的な人っていますよね。そうした人に対して無防備でいると、心理的に追い込まれてしまいます。

 

ストレスフリーで過ごしたいあなたに、先輩や上司などに職場で攻撃されたときの上手な対応をご紹介します。

先輩編:敵意をもたずに攻撃をかわす

相手の出方を読んで攻撃をかわす

攻撃へのかしこい対応は「ひょいとかわす」こと。相手の出方を読んで攻撃をかわし、自分のペースに持っていけばいいんです。

 

攻撃してくる人には慰めが必要

例えば言い方のキツい先輩から「何度も言わせないでよ」なんてため息をつかれたら傷つきますよね。でもここで敵意を持ってしまっては、相手のペースに巻き込まれてしまいます。

 

攻撃してくる理由は「忙しい」や「認めて欲しい」など様々でしょうが、仕事で支えることができないのなら、相手を認めて感謝し、慰めてあげることが必要です。これを続けていれば、攻撃の手は必ずゆるやかになります。

 

この記事には相手の戦意を崩す方法や、自分の意見を伝えるときの言い方など、攻撃をかわして自分のペースに持ち込むポイントが書かれています。

立ち読みする

上司編:必要がなくても相談・確認をする

相手を味方にする効率的な方法

苦手な人には、つい“ホウレンソウ(報告・連絡・相談)”を怠ってしまいがちですが、これでは相手も無視されたと感じて、あなたを敵視するようになります。

 

相手を味方にするもっとも効率的な方法は、必要が無くても確認・相談をすることなんです。

確認・相談の隠れた重要な目的

確認・相談の主な目的は問題解決ですが、「あなたを大切にしています」というメッセージを相手に送ることが隠れた重要な目的です。

 

たとえ相手が必ず同意するようなことでも「~はこれで進めてOKですね?」といったように、事前に確認をとるようにしましょう。

 

この記事には他にも要求や提案をスムーズに通すポイントなど、上司を味方にする方法が書かれています。

立ち読みする

グループ編:第三者から切り崩す

グループからの攻撃を早期解決にもちこむには

職場内での集団によるイジメはストレス解消を兼ねて発生しやすいものです。もし標的にされた場合は、イジメに加わっていない人、参加に消極的な人を大事にすること

 

特に女性グループだと、イジメ集団であっても「みっともないマネはしたくない」という気持ちもあるので、第三者を巻き込むことが、早期解決への近道なのです。

 

この記事には標的になりやすいタイプと、攻撃対象にされたときの対応が書かれています。

立ち読みする

これもおすすめ!

こちらの特集もおすすめです