読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
あなたの彼をイクメンにする方法
恋愛に効く
特集

あなたの彼をイクメンにする方法

「イクメン」という言葉をよく耳にするようになりましたが、あなたの彼はイクメンですか? イクメンになりそうですか?

 

81対3…これは女性と男性の育児休暇取得率の比較(※)です。現代では夫婦のうち共働きが6割だというのに、むちゃくちゃ一方的な数字です。でも、これが現実。

 

もしあなたが仕事も家事も育児もぜーんぶやるワンオペ女子になりたくないなら、社会の変化を待つより、彼をイクメンに育てちゃいましょう!
※厚生労働省「平成28年度雇用均等基本調査」より

初級:お互いに期待することを話し合おう

どんな人生を送りたいのか、現実的な話は、あらかじめ夫婦で話し合っておくことがいいと思います。特に生活が一変しそうなことも考えて、価値観を共有しておくことだと思います。

 

かわいい子どもとやりがいのある仕事、いい生活環境に恵まれたいなどとは、誰しも願うことですが、現実は… もっと立ち読みする

本の紹介

著者:古川裕倫

発行:扶桑社

何かと面倒な女性部下をなぜ登用すべきなのか。中間管理職必見!

中級:男から父親へ。彼を動かす説得の仕方

(子育てに)お父さんがあまり積極的に関わってくれないという場合、まずその理由を考えてみてください。

 

理由を考えることで、いい方法が見えてくるかもしれないからです。

 

すぐ思い浮かぶのは仕事が忙しいという理由… もっと立ち読みする

本の紹介

著者:親野智可等

発行:PHP研究所

「どこまで厳しくしていいのかわからない」「同じことを何度言っても聞かない」子どもとのコミュニケーションに悩む親への処方箋。

上級:「逃げ恥」式、家庭の共同経営制を目指す

みくりと平匡は「家事代行」の雇用関係から、恋愛相手としての同居カップルになるとき、システム更新をします。

 

共働きシミュレーションを始めますが、家事分担についてさっそくもめます。自分の方が稼ぎが少ないから、分担が多いのは納得する。でも……、平匡が分担の仕事を忘れたりするとイラッとするのです。

 

(中略)平匡にも不満があります。みくりの「家事代行」業としての家事と、今の分担としての家事(無償)ではクオリティが違うのです。悩んだ結果、みくりは叫びます。

 

「じゃあ家事の全部、私がやります」

 

「でもそれは、ボランティアです」

 

「あくまでもボランティアなので、私が自分で『あー今日はもうご飯作れない』って思ったらご飯作らないし『今日は掃除したくない』って思ったら掃除しません」

 

「ボランティアだから『ごはんないんですか』とか言わないでほしいし『部屋が汚れてます』とか言わないでほしい。だってボランティアだから! 仕事じゃないから!」

 

日本の女性たちは、このセリフにスッキリしたのではないでしょうか? もっと立ち読みする

本の紹介

著者:白河桃子、是枝俊悟

発行:PHP研究所

ムズキュンカップルのお財布事情を紐解きながら、現代の恋愛・結婚と一番お得な夫婦の働き方がわかる一冊。

まとめ & これもおすすめ!

“幸せな家族”にあこがれるだけでは、結婚生活はうまくいきません。出産や育児などの大きなライフイベントについては、事前に二人でどう対処するかを話し合っておきましょう。例えば、子どもが何歳になるまでは、掃除は彼がする。彼がそれを嫌がるなら、あなたが掃除をしなくても文句を言わないとか。

 

話し合うときに大切なのは、相手を非難しないことです。「どうして何もしてくれないの!」とか、「そんなのやったうちに入らない!」なんて言われたら、誰だって心を閉ざしてしまいます。北風より太陽になって、彼を動かしましょう。

 

結婚する・しない、子どもを産む・産まない、ワンオペ育児とワンオペ稼ぎで役割分担する・しない…選択肢はいろいろあります。でも「好きの搾取」をされたくないなら、少しハードルは高いけど、「逃げ恥」式、共同経営責任者としての結婚2.0を目指すのもいいと思います。

 

こちらの特集もおすすめです