読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
Lilyさんの投稿レビュー一覧
運のいい女、悪い女の話し方
評価点22018-12-07
運のいい女、悪い女の話し方
「第1章 絶対、大丈夫!を口ぐせにする」を読みました。実は、私はこの記事を読む前から不安なときや大変なときに「大丈夫」と思ったり心の中で呟くようにしていました。確かにこの記事に書かれている通り、心細かった気持ちが立て直せたり、動揺していた気持ちが落ち着きを取り戻したりします。

この著者はこの記事だけではなく全ての本がスピリチュアルなので、苦手な人もいると思います。確かにとは思いましたが、読んでいて何か新しい発見があったわけではないことも踏まえて、この評価にしました。
2分で叶うリッチライフ! みるみるお金持ちになる黄金の習慣
評価点12018-12-06
2分で叶うリッチライフ! みるみるお金持ちになる黄金の習慣
「第3章 お金を貯める」を読みました。はっきり言って、読んで良かったとは思えませんでした。例えば「最初は100万円を目指して」は、「確かにそうだ」と思う程度です。「お気に入りの銀行で貯金する」は、ネット銀行が台頭している今の時代には当てはまらないと感じました。むしろ、ネット銀行でない銀行の方が銀行員の勧誘に騙されて損をするのではないでしょうか。この記事はそこまででもないですが、この本はスピリチュアルな雰囲気が苦手な人にはおすすめしません。
運のいい女、悪い女の習慣
評価点42018-12-05
運のいい女、悪い女の習慣
「第4章 叶えたい夢は人に言う」を読みました。言う人を間違えないようにしなければいけないことがわかりました。立場的にも社会的にも経済的にも精神的にも自分よりレベルが上の人に言うようにしたいです。逆に家族であっても、意識が低い人や夢など叶わないと思う人には言わないように気をつけたいです。
独身女性の性交哲学
評価点32018-12-02
独身女性の性交哲学
「第2章 永遠の情熱などありえない」を読みました。「男が想像する女の愛が小学校(いつでもある場所)」ということを知りました。女は確かに、「結婚したという既成事実、それも大恋愛の末のゴールという女の達成感」がほしいという思いはあると感じます。「結婚しておかないとという強迫観念」はありますね。

軽く読む程度なら、はっきり書いてあるので、面白いです。
2016年版! しないことリスト 地の巻
評価点42018-12-02
2016年版! しないことリスト 地の巻
「第四章 上から目線で見ない」を読みました。この記事は、職場等での人間関係に苦労している方におすすめです。嫌いな相手への対処法が役に立ちそうです。最低限度の仕事だけの関係になって、接触を避けるようにします。嫌いな相手を好きにならず、会社を辞めれば終わる関係と達観するようにします。「どうしてこんな人になったのか」「きっかけは何か」と考えて研究対象として眺めるようにします。また、いちいち怒る必要もないそうです。

実際の行動に移すのは少しパワーが必要なので、この評価にしました。
2016年版! しないことリスト 人の巻
評価点22018-11-29
2016年版! しないことリスト 人の巻
「第七章 結婚しないでいい」を読みました。確かに今の時代は「ひとり人生」が恵まれていますね。著者がきちんと「結婚などしなくていいのです」と書いているのは、結婚の必要性を感じない人にとっては有難いです。

正直、この記事は内容が薄いように感じました。もっと結婚しなくてよい理由を列挙してほいいと思ったので、低めの評価にしました。
2016年版! しないことリスト 天の巻
評価点52018-11-29
2016年版! しないことリスト 天の巻
「第三章 浮き世の義理を果たさない」を読みました。このような生き方をしてもよいのだとわかりホッとしました。「披露宴は出ない主義だから」のひと言で断っている人もいるのですね。「残念だけど、身内の結婚式があってごめんね。おめでとう。」といううそをこれから早速活用してみます。私はご祝儀貧乏はバカバカしいと思っているので、この記事に出会えてよかったです。
あなたの仕事に革命を起こす!「しないことリスト」
評価点32018-11-29
あなたの仕事に革命を起こす!「しないことリスト」
「第三章 しないことリスト15 他人の夢の奴隷にならない」を読みました。記事を読み進めると、意外な方向に話が展開していきました。小説の使われ方が、この本全体の中で一番驚きました。この小説から言いたい教訓はそっちだったのですね。確かに、ツバメは無念だったでしょうね。他人の夢につきあうのはバカバカしいですね。他人に人生を台無しにされないように気をつけたいです。
「女の一生」は20代で決まる!
評価点42018-11-27
「女の一生」は20代で決まる!
「Chapter 2 コロコロ変わる夢とも、つきあう」を読みました。「夢はたくさんあってもいいし、コロコロ変わるのもOK!」という言葉に心が軽くなりました。夢は「心と人生の方向修正」をしてくれることも、夢がコロコロ変わってもいいという理由だそうです。私の中での夢に対する考え方が良い意味で変わりました。自己肯定してもらえる記事に出会えて良かったです。

文章の雰囲気がややスピリチュアルですので、苦手な人もいると思います。ご注意ください。
あやしい投資話に乗ってみた
評価点42018-11-17
あやしい投資話に乗ってみた
「5章 超高金利の銀行に預金してみた」を読みました。著者が実際に行ったことが具体的にわかりやすく書かれているので、良いです。本に関しては特に、一つの記事を読むというよりは章全体を読むことをおすすめします。内容は非常に面白いです。自分では興味があっても手を出せないことに著者がチャレンジしています。この本が直接役に立って、金儲けできるわけではないので、このような評価にしました。